全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

「鶴岡まちなかキネマ」3月25日再オープンへ CF目標大幅に上回る支援

 全国の共感を呼び1000万円の支援金集まる―。鶴岡市の「鶴岡まちなかキネマ」の再オープンを目指し、運営する山王まちづくり(三浦新社長)が取り組んでいたクラウドファンディング(CF)が23日に締め切られ、当初目標の600万円を大幅に上回る1020万3500円の支援が集まった。三浦社長は「映画館を残したいという思いが全国各地の人々に届いて広がり、共感を呼んだ。感謝しかありません。3月25日のオープンに向け、準備を進めたい」と話した。

 旧まちキネは2020年5月に閉館した。その後、鶴岡市社会福祉協議会が事務局移転のため土地と建物を取得。市の補助を受けるなどして改修し、一部の上映機能を生かした映画上映機能付き交流スペースを「新まちキネ」として活用することになった。交流スペースは、旧まちキネにあった4つのスクリーンのうち、客席が78と40の2つのスクリーンを活用するミニシアターとして、山王まちづくりが運営する。

 CFの当初目標額は、老朽化したデジタル映写機の更新費用として600万円に設定し、昨年10月14日にスタート。返礼品には旧まちキネ時代から交流のあった俳優の井浦新さんの応援・協力で、井浦さんデザインのTシャツやパーカー、トートバッグ、ステッカーを用意した。いずれにも映画観賞券を付けた。

 CF開始後しばらくは資金の集まり具合が思ったように進まず、関係者が気をもんでいたが、「映画館の灯を消さず、映画文化を残したい」という思いがメディアを通じて全国の映画ファンなどの心に響き、支援金が積み上がった。途中、目標額を800万円に引き上げたが、これも大きく上回る支援金が寄せられた。

 集まった支援金は、映写機更新のほか、自己資金で整備を予定していたデジタルシネマサーバーの更新、オンライン予約対応のチケットシステムの導入などに充てる予定。

 三浦社長は「県外からの支援が多かったが、地元の皆さんからもいろんな人々に声を掛けてもらい、設備導入経費として見込んでいた1000万円を調達できた。共感いただいた多くの方々の思いに応えられるよう、再オープン後のまちキネを維持していきたい」と話した。3月25日のオープンに向けて準備を加速させ、2月中には再開当初の上映ラインアップを公表する予定だ。

CFで全国から1000万円の支援金が寄せられた「まちキネ」の施設改修後のイメージ図。左奥2棟のうち右側に2つのスクリーンが備えられる

関連記事

宇部日報社

市長賞に花園自治会、春の花壇コンクール、特別賞や最優秀賞決まる【宇部】

 宇部市春の花壇コンクールの受賞団体が決まり、最高賞の市長賞には東岐波の国道190号沿いの花壇を彩った花園自治会(伊藤昌洋会長)が輝いた。市、市ガーデンシティ緑化運動推進委員会(会長・篠﨑圭二市...

紀伊民報社

南高梅が不作 平年の3割弱 梅の着果調査

 JAや日高振興局などでつくる「日高果樹技術者協議会」は19日、和歌山県の御坊・日高の4市町で実施した本年産南高梅の着果調査結果を発表した。主産地であるみなべ町と印南町の着果数は、過去10年平均...

苫小牧市ロゴマーク制定記念 22日に切手シート発売

日本郵便北海道支社は22日から、苫小牧市のロゴマーク制定を記念したオリジナルフレーム切手の販売を始める。84円切手10枚から成るシートで1枚は市のロゴマーク、残り9枚はとまチョップが樽前山山頂に登...

荘内日報社

龍神様とご縁を結ぶ 善寳寺 「辰歳御縁年記念企画」始まる

 鶴岡市下川の龍澤山善寳寺で12年に1度の「辰歳(たつどし)御縁年記念企画」が始まった。本堂で祈祷を受けた後、奥の院・龍王殿を拝観し「龍神様」とご縁を結ぶ。このほか国の重要文化財に指定されている絵画「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク