全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

「世界を旅する植物館」題材にメタバース構築【宇部】

 

宇部市は、テレワーカーの派遣事業などを手掛けるイマクリエ(鈴木信吾社長、本社東京都港区)と、ときわミュージアム「世界を旅する植物館」を題材としたメタバース空間を構築し、インターネット上で公開している。

 メタバース空間はネット上の3次元仮想空間。利用者は自身の分身となる「アバター」を移動させ、空間内を自由に散策することができる。

 常盤公園を実証フィールドに技術革新や新たなビジネスの創出を目指す「ときわ公園チャレンジ」の一環。市の貴重な地域資源であるサボテンについて学べるツールとして、昨春から開発に取り組んできた。

 空間内ではキメンカク、キンシャチ、メロカクタスなど、同館でも栽培している7品種の写真パネルを展示。アバターが近づくと解説の吹き出しが現れる。前身の宇部常盤サボテンセンターや開館に尽力したサボテン愛好家、伊藤芳夫さんについても紹介。動画やサボテンに関するクイズも楽しめる。

 インターネット上での公開は昨年8月から。市によると、12月末までに650件のアクセスがあった。うち120件は海外からという。

 成長産業創出課の弘中秀治主幹は「サボテンセンターの昔の姿も楽しめる。郷土の宝であるサボテンについて知ってもらい、同館に足を運ぶきっかけにもなれば」と話した。

 公開は3月末で終了。以降の活用については未定。

関連記事

宇部日報社

市長賞に花園自治会、春の花壇コンクール、特別賞や最優秀賞決まる【宇部】

 宇部市春の花壇コンクールの受賞団体が決まり、最高賞の市長賞には東岐波の国道190号沿いの花壇を彩った花園自治会(伊藤昌洋会長)が輝いた。市、市ガーデンシティ緑化運動推進委員会(会長・篠﨑圭二市...

紀伊民報社

南高梅が不作 平年の3割弱 梅の着果調査

 JAや日高振興局などでつくる「日高果樹技術者協議会」は19日、和歌山県の御坊・日高の4市町で実施した本年産南高梅の着果調査結果を発表した。主産地であるみなべ町と印南町の着果数は、過去10年平均...

苫小牧市ロゴマーク制定記念 22日に切手シート発売

日本郵便北海道支社は22日から、苫小牧市のロゴマーク制定を記念したオリジナルフレーム切手の販売を始める。84円切手10枚から成るシートで1枚は市のロゴマーク、残り9枚はとまチョップが樽前山山頂に登...

荘内日報社

龍神様とご縁を結ぶ 善寳寺 「辰歳御縁年記念企画」始まる

 鶴岡市下川の龍澤山善寳寺で12年に1度の「辰歳(たつどし)御縁年記念企画」が始まった。本堂で祈祷を受けた後、奥の院・龍王殿を拝観し「龍神様」とご縁を結ぶ。このほか国の重要文化財に指定されている絵画「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク