全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

藤丸へ950人感謝の言葉 大型ボード完成 閉店当日まで展示 帯広

 今月末で閉店する百貨店・藤丸(帯広市)が、1階正面玄関前に設置した来店者からのメッセージカードで構成した屋号の大型ボードがこのほど完成した。その数は950人分。「ありがとう」「なくならないで」-。十勝を含め全国から足を運んだ人たちから感謝や復活を望む声などで埋め尽くされている。

メッセージは裏まで貼られ、感謝する野瀬係長

 同ボードは高さ2.1メートル、幅2.7メートルで、藤丸の屋号が下書きデザイン。カウントダウンボードと同時に設置され、10センチ四方のカードを用意し、希望者は好きなメッセージを書いて投函(とうかん)。社員がデザインに沿って貼っていった。

 札幌や釧路、東京、岡山、熊本などから駆けつけた人、「20年ほど親が勤めていた」「自分が会社にお世話になった」「エレベーターガールをしていた」など関わりがある人、「親子4代、誕生や入園・入学で買うのは当然」「週に1回必ず来た」「贈り物はいつもここで」など長い歴史や百貨店ならではの思いなどがびっしり。「もう一度開店を。行きます」など再生を求める声もあった。

 昨年11月10日に設置し、今月12日に完成した。発案した野瀬洋明営業企画係長は「まだ増える勢いだったが、投函は終了とさせてもらった。貼りながら読んで感動した。社員一同、励みになる」と感謝していた。ボードは閉店当日まで展示される。

関連記事

紀伊民報社

扇ケ浜に海の家2店オープン 関大生と南紀みらいが運営

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場に個性の違う「海の家」2店がオープンした。運営する南紀みらいは「海水浴だけではないビーチの魅力を満喫できる空間。いろいろな人に遊びに来てほしい」と呼びかけている。 ...

白熱したレース展開 5年ぶり鵡川で 「人間流送競技」 穂別流送まつり むかわ

第41回むかわ町穂別流送まつり(同まつり実行委員会主催)が20、21両日、穂別ふれあい公園で開かれた。会場は大勢の人でにぎわい、ジンギスカンやフライドポテトなどの出店を楽しげに巡る光景が広がった。...

荘内日報社

お待たせ!!朝採りだだちゃ豆 JA鶴岡中央支所 大泉直売所オープン

 鶴岡市白山のJA鶴岡中央支所駐車場の特設テントで22日、「大泉だだちゃ豆直売所」がオープンした。待ちかねたファンが早速訪れ、朝採りの鮮度抜群の枝豆を買い求めていた。  直売所は生産者の女性たちに...

ヒップホップ、ジュエリーで発信 芽室出身アーティスト橋本さん

 芽室町出身のヒップホップアーティスト、橋本悠汰さん(25)が、ジュエリー会社「EmpireHollywood(エンパイアハリウッド)」を開業した。町内のアパレルショップ「doek(ズック)」(東...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク