全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

藤丸へ950人感謝の言葉 大型ボード完成 閉店当日まで展示 帯広

 今月末で閉店する百貨店・藤丸(帯広市)が、1階正面玄関前に設置した来店者からのメッセージカードで構成した屋号の大型ボードがこのほど完成した。その数は950人分。「ありがとう」「なくならないで」-。十勝を含め全国から足を運んだ人たちから感謝や復活を望む声などで埋め尽くされている。

メッセージは裏まで貼られ、感謝する野瀬係長

 同ボードは高さ2.1メートル、幅2.7メートルで、藤丸の屋号が下書きデザイン。カウントダウンボードと同時に設置され、10センチ四方のカードを用意し、希望者は好きなメッセージを書いて投函(とうかん)。社員がデザインに沿って貼っていった。

 札幌や釧路、東京、岡山、熊本などから駆けつけた人、「20年ほど親が勤めていた」「自分が会社にお世話になった」「エレベーターガールをしていた」など関わりがある人、「親子4代、誕生や入園・入学で買うのは当然」「週に1回必ず来た」「贈り物はいつもここで」など長い歴史や百貨店ならではの思いなどがびっしり。「もう一度開店を。行きます」など再生を求める声もあった。

 昨年11月10日に設置し、今月12日に完成した。発案した野瀬洋明営業企画係長は「まだ増える勢いだったが、投函は終了とさせてもらった。貼りながら読んで感動した。社員一同、励みになる」と感謝していた。ボードは閉店当日まで展示される。

関連記事

荘内日報社

「ばんけせんべい」完成 オリジナル米菓販売スタート 公益大生×酒田米菓×メカ..

 東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)の学生たちが、菓子製造・酒田米菓(同市両羽町、佐藤栄司社長)、環境設備・装置製造などのメカニック(同市砂越、佐藤優社長)と共に取り組んだオリジナル米菓「ば...

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

宇部日報社

核廃絶願い 被爆者囲み茶話会 「さぽらんて」で原爆展【山口】

 山口市原爆被害者の会(永野和代会長)主催の原爆展が、道場門前2丁目の市民活動センター「さぽらんて」で開かれている。14日には展示会場で被爆者を囲んでの茶話会があり、13人が核兵器の根絶と世界...

ヤドリ浜で海開き 奄美大島瀬戸内町 地元高校生らも海岸清掃

 鹿児島県瀬戸内町蘇刈のヤドリ浜で13日、奄美せとうち観光協会主催の海開き神事が行われた。同協会マリンレジャー連絡会関係者や奄美せとうち海っ子クラブ所属の高校生ら約40人が参列し、海の安全を祈願...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク