全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

島唄とキューバ音楽共演 まーぐん音楽祭開催 奄美市笠利町

共演した(左から)SAYAKAさん、前山真吾さん、カルロス・セスぺデスさん、GENKIさん=14日、鹿児島県奄美市笠利町(提供写真)

 一般社団法人しま・ひと・たから(山下保博代表理事)主催の「まーぐん音楽祭2023」が14日、鹿児島県奄美市笠利町のまーぐん広場であった。テーマは「島唄とキューバ音楽の出逢(あ)い」。キューバ音楽バンド「TRiiiCO Cuban Project(トリコ・キューバン・プロジェクト)」と唄者の前山真吾さんが出演し、キューバ音楽や歌謡曲、島唄を演奏。最後は六調で盛り上がり、出演者と観客が一体となった楽しいひとときを過ごした。

 「まーぐん音楽祭」は八月踊りや島唄などの文化継承・保全を目的に、まちづくりの一環として2020年より毎年開催。3回目となる今回は、地域住民や観光客ら78人が来場した。

 TRiiiCO Cuban Projectは笠利町佐仁出身の母を持つGENKIさん(パーカッション・ボーカル)、SAYAKAさん(バイオリン)、キューバ出身のカルロス・セスぺデスさん(ギター・ボーカル)3人の音楽バンド。

 観客はラテンのリズムに体を委ね、共に踊るように演奏やダンスを楽しんだ。唄者の前山真吾さんもゲストとして共演し「行きゅんにゃ加那」や「豊年節」などの島唄を披露。会場を盛り上げた。

 音楽祭の橋渡し役となった同バンドのSAYAKAさんは「マスクをしていても皆さんのハッピーオーラが伝わり、最後の六調では感極まってしまった」と振り返った。来場者からは「みんなで一体感を持てて良かった」「前山さんとカルロスさんの歌が、涙が出るほど心に突き刺さった」などの感想があった。

関連記事

荘内日報社

「ばんけせんべい」完成 オリジナル米菓販売スタート 公益大生×酒田米菓×メカ..

 東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)の学生たちが、菓子製造・酒田米菓(同市両羽町、佐藤栄司社長)、環境設備・装置製造などのメカニック(同市砂越、佐藤優社長)と共に取り組んだオリジナル米菓「ば...

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

宇部日報社

核廃絶願い 被爆者囲み茶話会 「さぽらんて」で原爆展【山口】

 山口市原爆被害者の会(永野和代会長)主催の原爆展が、道場門前2丁目の市民活動センター「さぽらんて」で開かれている。14日には展示会場で被爆者を囲んでの茶話会があり、13人が核兵器の根絶と世界...

ヤドリ浜で海開き 奄美大島瀬戸内町 地元高校生らも海岸清掃

 鹿児島県瀬戸内町蘇刈のヤドリ浜で13日、奄美せとうち観光協会主催の海開き神事が行われた。同協会マリンレジャー連絡会関係者や奄美せとうち海っ子クラブ所属の高校生ら約40人が参列し、海の安全を祈願...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク