全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

島唄とキューバ音楽共演 まーぐん音楽祭開催 奄美市笠利町

共演した(左から)SAYAKAさん、前山真吾さん、カルロス・セスぺデスさん、GENKIさん=14日、鹿児島県奄美市笠利町(提供写真)

 一般社団法人しま・ひと・たから(山下保博代表理事)主催の「まーぐん音楽祭2023」が14日、鹿児島県奄美市笠利町のまーぐん広場であった。テーマは「島唄とキューバ音楽の出逢(あ)い」。キューバ音楽バンド「TRiiiCO Cuban Project(トリコ・キューバン・プロジェクト)」と唄者の前山真吾さんが出演し、キューバ音楽や歌謡曲、島唄を演奏。最後は六調で盛り上がり、出演者と観客が一体となった楽しいひとときを過ごした。

 「まーぐん音楽祭」は八月踊りや島唄などの文化継承・保全を目的に、まちづくりの一環として2020年より毎年開催。3回目となる今回は、地域住民や観光客ら78人が来場した。

 TRiiiCO Cuban Projectは笠利町佐仁出身の母を持つGENKIさん(パーカッション・ボーカル)、SAYAKAさん(バイオリン)、キューバ出身のカルロス・セスぺデスさん(ギター・ボーカル)3人の音楽バンド。

 観客はラテンのリズムに体を委ね、共に踊るように演奏やダンスを楽しんだ。唄者の前山真吾さんもゲストとして共演し「行きゅんにゃ加那」や「豊年節」などの島唄を披露。会場を盛り上げた。

 音楽祭の橋渡し役となった同バンドのSAYAKAさんは「マスクをしていても皆さんのハッピーオーラが伝わり、最後の六調では感極まってしまった」と振り返った。来場者からは「みんなで一体感を持てて良かった」「前山さんとカルロスさんの歌が、涙が出るほど心に突き刺さった」などの感想があった。

関連記事

紀伊民報社

扇ケ浜に海の家2店オープン 関大生と南紀みらいが運営

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場に個性の違う「海の家」2店がオープンした。運営する南紀みらいは「海水浴だけではないビーチの魅力を満喫できる空間。いろいろな人に遊びに来てほしい」と呼びかけている。 ...

白熱したレース展開 5年ぶり鵡川で 「人間流送競技」 穂別流送まつり むかわ

第41回むかわ町穂別流送まつり(同まつり実行委員会主催)が20、21両日、穂別ふれあい公園で開かれた。会場は大勢の人でにぎわい、ジンギスカンやフライドポテトなどの出店を楽しげに巡る光景が広がった。...

荘内日報社

お待たせ!!朝採りだだちゃ豆 JA鶴岡中央支所 大泉直売所オープン

 鶴岡市白山のJA鶴岡中央支所駐車場の特設テントで22日、「大泉だだちゃ豆直売所」がオープンした。待ちかねたファンが早速訪れ、朝採りの鮮度抜群の枝豆を買い求めていた。  直売所は生産者の女性たちに...

ヒップホップ、ジュエリーで発信 芽室出身アーティスト橋本さん

 芽室町出身のヒップホップアーティスト、橋本悠汰さん(25)が、ジュエリー会社「EmpireHollywood(エンパイアハリウッド)」を開業した。町内のアパレルショップ「doek(ズック)」(東...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク