全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

子ども食堂の目印に 能代松陽高生オリジナルデザインののぼり旗贈る

のぼり旗を贈った能代松陽高の書道部と美術部の部員たちと、藤井代表(前列中央)

 能代松陽高の書道部と美術部の有志が、能代市の「じょうみょうじ子ども食堂」(藤井真貴子代表)にオリジナルデザインののぼり旗5本を贈った。1年ほど前に同校生徒がボランティアに参加した縁から藤井代表が依頼し製作。生徒らは「子ども食堂に来る人たちが笑顔になってくれたら」と願いを込める。

 「じょうみょうじ子ども食堂」は、平成28年夏にフードバンク活動の一つとして同市萩の台の浄明寺で始まり、小中学校や高校の夏、冬、春休み期間に合わせて〝オープン〟している。令和2年度の冬休みからは同校や能代高の生徒らもボランティアとして参加し、活動を支えている。
 藤井代表によると、これまではイーゼルを寺院前に立て掛けて、子ども食堂が開いていることを周知していたが、強風で倒れたり「初めて来る人が気付きにくい」こともあり、1年ほど前にのぼり旗の導入を考えたという。その際、2年12月の子ども食堂で能代松陽高書道部員がボランティアで参加していたことを思い出して製作を同部に依頼した。
 快諾した同部は、3年生11人が普段の活動の合間を縫って原稿を書いて持ち寄り、5人の原稿を選出。ポリエステル製ののぼり旗(縦180㌢、幅60㌢)5枚に「じょうみょうじ子ども食堂」や「浄明寺フードバンク」と大きく墨書きした。
 また、「文字だけだと寂しい」と考え、美術部の池端小夏さん(3年)の協力で、「笑顔」をモチーフにした絵を描いた。
 のぼり旗は昨年の夏休みにデビューし、オープン日に同寺前の市道や境内に掲げている。製作に取り組んだ前部長の小山内翔香さん(3年)は「子どもたちが行きたいと思える、元気が出る文字を意識して書き上げた。楽しい時間を過ごせる子ども食堂に行く時、この旗を目印にしてもらえたら」、池端さんも「布に絵を描く経験は初めてだったが、きれいに仕上げられた。得意な分野を生かして地域の役に立つことができてうれしい」と喜んだ。
 藤井代表は「高校生が一からデザインを考え、作ってくれたのぼり旗をすごく気に入っている。これからも大切に使わせていただきたい」と感謝していた。

関連記事

紀伊民報社

扇ケ浜に海の家2店オープン 関大生と南紀みらいが運営

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場に個性の違う「海の家」2店がオープンした。運営する南紀みらいは「海水浴だけではないビーチの魅力を満喫できる空間。いろいろな人に遊びに来てほしい」と呼びかけている。 ...

白熱したレース展開 5年ぶり鵡川で 「人間流送競技」 穂別流送まつり むかわ

第41回むかわ町穂別流送まつり(同まつり実行委員会主催)が20、21両日、穂別ふれあい公園で開かれた。会場は大勢の人でにぎわい、ジンギスカンやフライドポテトなどの出店を楽しげに巡る光景が広がった。...

荘内日報社

お待たせ!!朝採りだだちゃ豆 JA鶴岡中央支所 大泉直売所オープン

 鶴岡市白山のJA鶴岡中央支所駐車場の特設テントで22日、「大泉だだちゃ豆直売所」がオープンした。待ちかねたファンが早速訪れ、朝採りの鮮度抜群の枝豆を買い求めていた。  直売所は生産者の女性たちに...

ヒップホップ、ジュエリーで発信 芽室出身アーティスト橋本さん

 芽室町出身のヒップホップアーティスト、橋本悠汰さん(25)が、ジュエリー会社「EmpireHollywood(エンパイアハリウッド)」を開業した。町内のアパレルショップ「doek(ズック)」(東...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク