全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

敏速な海難救助へ前進 羅臼で実証実験【羅臼】

 【羅臼】死者、行方不明者が26人となった昨年4月の知床観光船事故の現場反対側に当たる羅臼沖で23日、敏速な海難救助を助ける通信サービス「yobimori(よびもり)」の実証実験が行われた。スタートアップ企業とデジタル分野で課題解決を図りたい地方を結び付ける道の事業の一環。スマホのアプリと連動した4㌢四方の情報端末を介し、地域ぐるみで海難救助者を即時に発見し救助するまでの所要時間や改善点などを確認した。(五味亜希子)

 実証実験は、数十人が乗船する観光船の運航中に乗客1人が落水した想定で行い、地元の観光船2隻と羅臼漁協の指導船、その関係者ら約50人が参加した。端末中央のボタンを長押しすると事前にスマホにインストールしたアプリが警告音を鳴らし、陸上と洋上双方へ救助を求める仕組み。落水した要救助者をブイに見立て、発信から発見救助までにかかった時間は13分だった。

 実証後参加者は利点や改善点を指摘。「通知がすぐ来て分かりやすい」という一方で「要救助者に対し船首がどの向きかが分からない」「厳寒の海で転落した際とっさに端末を長押しするのは困難」といった意見もあった。

 よびもり開発者の千葉佳祐さん(27)=福岡市=はオホーツク管内紋別市出身。羅臼で漁師だった祖父が海難で行方不明となり、現在も見つかっていない経験が原点となっており「日本で一番救助が早い海を」と2018年、九州大学大学院生時代にこのシステムを開発した。現在は九州の漁業現場で実用化されている。千葉さんは「システムをもっと早く届けられていたら知床の事故も防げたかもしれない」と知床の事故に背中を押されたとし、「海に関わる家族の不安を解消することがわれわれの存在意義。今回出た改善点は即対応できるので運用につなげたい」と話していた。

落水者(手前のブイ)を発見し救助するまでに掛かる時間を計測する実証実験(午後1時40分ごろ、羅臼沖)

< img src="http://kyodoshi.com/cawm-content/uploads/2023/01/202301232017390_l.jpg" class="img_100" />

関連記事

紀伊民報社

2回目支援で能登へ 梅の郷救助隊

 和歌山県みなべ町の民間災害ボランティア団体「紀州梅の郷救助隊」(尾﨑剛通隊長)のメンバーや町議会議員が29日、能登半島地震の被災地支援に向けて出発した。能登の被災地での救助隊の活動は2回目。今...

帯広農高生が育てた小豆でどら焼き 同窓会が卒業記念に贈呈

 農業高校ならではの思い出の品を-。1日卒業の帯広農業高校(佐藤裕二校長、生徒567人)の3年生185人に2月29日、同窓会の勝農会(中村健一会長)が記念品として、生徒が生産した小豆を使用した「ど...

荘内日報社

元気に帰ってきてね 西荒瀬小日向川へ サケの稚魚放流

 元気でね―。酒田市の西荒瀬小学校(白田克幸校長、児童121人)の全校児童が29日、昨年10月からこれまで大切に育ててきたサケの稚魚約6500匹を学校近くを流れる日向川に放流。児童たちはその姿が見えなくなるま...

宇部日報社

市内高校で卒業式、宇部中央で129人が巣立つ 最初で最後の校歌斉唱【宇部】

 宇部市と山陽小野田市の公・私立高校11校で1日、卒業式が行われた。会場には恩師や保護者からの「おめでとう」があふれ、生徒たちは希望を胸に晴れやかな表情で学びやを巣立った。  宇部中央(河村...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク