全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ものづくり大賞で優秀賞 自己治癒コンクリート  苫小牧の會澤高圧コンクリート

會澤高圧コンクリート(本社苫小牧市)は、第9回ものづくり日本大賞(経済産業省など主催)で優秀賞を受賞した。バクテリアの代謝機能を使った自己治癒コンクリートの開発チーム5人が選ばれた。コンクリート業界の脱炭素化に大きく貢献する技術で、同社は「自己治癒の技術が広く知られるようになった」と喜んでいる。

ものづくり日本大賞の優秀賞を受賞した會澤高圧コンクリートの開発チームメンバー

 同賞は、ものづくり産業を発展させていくため、特に優秀と認められる人を表彰する制度。2005年に創設され、今回、総理大臣賞2件、経済産業大臣賞13件、優秀賞28件が選ばれた。同社の受賞式は2月に札幌市内で行われる。

 同社の自己治癒コンクリートは、特殊培養したバクテリアとポリ乳酸を生コンクリートの製造時に配合。コンクリートにひび割れが発生してもバクテリアの代謝活動で排出する炭酸カルシウムが修復を行う。コンクリートの長寿命化により、製造時の二酸化炭素(CO2)が削減でき、脱炭素社会の実現に貢献することが高く評価された。

 現在、自己治癒コンクリートは主に公共事業の土木工事で使われているが、技術を生かした建設資材の開発も進めているという。

 今回の受賞について、同社の會澤祥弘社長は「バクテリアの代謝をひび割れの修復に活用する技術の開発には、粘り強い取り組みが必要だった。世界で初めて量産化を成し遂げたチームを誇りに思う」と喜ぶ。

 開発チームの酒井亨専務は「受賞できてとてもうれしい。自己治癒コンクリートの量産体制が整っており、ゼロカーボン社会の実現に貢献したい」と力を込めた。

関連記事

荘内日報社

今秋「日本海沿岸ミステリーツアー」 JR鶴岡駅発着 日帰り2コース 羽越本線..

 特急いなほに乗って〝ミステリーツアー〟を楽しんで―。羽越本線全線開通100周年を記念し、鶴岡市は9月28日(土)と10月27日(日)に、出発当日まで行き先を明かさない「日本海沿岸ミステリーツアー」を実施する...

94歳“最後の最後”の同窓会 帯広大谷女子校第22期生

 帯広大谷高等女学校第22期生(1947年卒)のクラス会が12日、帯広市内のコミュニティーサロン「あがり・框(かまち)」で開かれた。“最後の最後”として行われた会で、今年度に94歳を迎える同窓生...

宇部日報社

見初のシンボルマーク誕生 住民がデザイン「地域盛り上げたい」【宇部】

 見初地域づくり協議会(梅田寛会長)は、地区のシンボルマークを作製した。漢字の「見」をモチーフにしたデザインで、今月から同会の広報紙やチラシなど、関連するさまざまな場面で使用する。  昨年、...

豊橋鉄道、愛されて100年 美博で企画展

 豊橋市美術博物館で13日から「豊橋鉄道100年 市電と渥美線」が開かれる。12日、開場式と内覧会があった。  市内中心部を走る路面電車「東田本線(市内線)」と、新豊橋駅と三河田原駅を結ぶ「渥美...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク