全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

清水の牛とろ丼 初のグランプリ 東京・全国ご当地どんぶり選手権

初のグランプリ獲得を喜ぶ藤田社長(中央)ら十勝スロウフードの関係者

 「第12回全国ご当地どんぶり選手権」の表彰式が22日に東京ドームで開かれ、十勝スロウフード(清水町、藤田惠社長)の「十勝牛とろ丼」が初のグランプリに輝いた。9回目の挑戦で悲願達成の藤田社長は「うれしいというのが正直な気持ち。応援してくださった皆さまに感謝したい」と喜びを語った。

 13~22日に開催した全国の祭りとグルメを集めた「ふるさと祭り東京2023」(実行委主催)のメインイベント。全国のご当地どんぶり14品を1杯700円で提供、来場者の投票でグランプリを決めた。

 牛とろ丼は牛とろフレークの濃厚な味と、とろける食感が特徴。過去に準グランプリを2度受賞していた。会期中に何回も訪れたり、1度に複数杯注文したりする熱心なファンの存在もあり、票を伸ばした。

 表彰式で金のどんぶり型トロフィーを手にした藤田社長は「牛とろ丼は素材を重視し、牛を育てることからこだわっている。皆さんに鍛えられ、多くの人に支持されるようになった。送り出してくれた清水町の皆さんにも感謝している」と語った。ご当地グルメの魅力発信に尽力した、清水ドライブイン運営の山下観光社長だった故野崎勝敏さんへの感謝も口にした。

 グランプリを2回獲得すると「殿堂入りどんぶり」に認定される。藤田社長は2年連続のグランプリを目指し、来年も参加する考えを示した。

関連記事

長野日報社

地元産原料の麦焼酎、来春発売へ製品化 長野県飯島町の「水緑里七久保」

 多品目で農業生産を手掛ける長野県飯島町七久保の「水緑里七久保」は、自社栽培の六条大麦を原料にした麦焼酎の製品化事業に着手した。喜久水酒造(飯田市)に醸造を委託し、来春に発売する。同社創立20周...

貴重な白「ひろがる」12日発売 めむろワイナリー

 芽室町内のワイン醸造所「めむろワイナリー」(中美生、尾藤光一代表)は12日から2023年ビンテージの白ワイン「ひろがる」(1本375ミリリットル、3300円)を84本限定で販売する。尾原基記醸造...

消費者へ“ツナグ”チーズ 芽室・大友牧場「ミルク感味わって」

 芽室町関山の大友牧場(大友詠吉代表)が、同牧場で搾った生乳を使いオリジナルのチーズ「ツナグ」を開発した。製造は新得町のチーズ工房「広内エゾリスの谷チーズ社」(寺尾智也代表)に委託した。大友代表は...

北羽新報社

藤里町産の白神まいたけ使い濃厚クリームパスタ 6月から販売

 県産の作物を加工してスムージーやポタージュなどを製造販売している「ひなたエキス」(本社・秋田市、須崎裕社長)が、藤里町産のマイタケを使った新商品「舞茸パテ」を開発し、「白神まいたけ濃厚クリー...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク