全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

藤丸さんは十勝の歴史 帯広・ナツカシ館にゆかりの骨董

 帯広市内の私設博物館「昭和ナツカシ館」(西13南12)に、今月末で閉店する市内の百貨店・藤丸(西2南8、藤本長章社長)にまつわる貴重品が並んでいる。館長の参納弘義さん(83)は、菓子店を営む実家が藤丸の近所だったため、思い入れが強い。「藤丸さんを中心に付近の商店街が発展していった。星のように輝いていた帯広のシンボル」と往時を物語る品々に思いをはせている。

明治時代の感謝状や大正時代の鉄瓶、昭和初期発行の絵はがきなど藤丸の歴史を物語る品を置いている昭和ナツカシ館の参納館長

 参納さんは1940年生まれ。幼少時の実家の住所は西2南8で、戦後に西1南12へ移ったが「子どものころは毎日遊びに行っていた。当時は藤丸にしかエレベーターがなく、それに乗るのが楽しかった」と振り返る。

 同館には、参納さんが昭和時代を中心に収集した約4000点を展示。その他約2万点を収蔵している。

 1900(明治33)年創業の藤丸に関連する品は30点ほど。初代社長の藤本長蔵氏が皇太子の北海道行啓時の奉迎委員として、多額の寄付を行ったことへの感謝状は11(明治44)年のもの。周年などの節目に製造された、年代の異なる三つの鉄瓶は、最も古いものが大正時代とみられ、「藤丸呉服店 新築紀念」と刻印されている。

 33(昭和8)年に発行した絵はがき「風景の十勝」もある。帯広の街並みや十勝の景色などの写真が付いたはがきの8枚セットで、当時の価格の「金弐拾銭」や「帯廣町 藤丸百貨店」などが表記されている。2009年にリリースされた藤丸の応援歌「藤丸で逢いましょう」のCDもあり、店内で聞くことができる。

 「藤丸は十勝の歴史に非常に関わりが深い」と参納さん。閉店は迫るが、「藤丸の再建を目指す人たちに絶大な拍手を送りたい。閉店が『かわいそう』『残念』といった言葉はまだ必要ない。復活した時に市民の皆が頑張っていくべきだ」と新たな歴史を刻むことを期待している。

 同館は土・日・月・火曜、祝日営業。午前10時~午後6時。入館料は大人300円、中・高生200円、小学生100円。問い合わせは同館(0155・24・9070)へ。

関連記事

アジアパラへ豊川高の中根さん出場

竹本市長表敬、意気込み語る  杭州2022アジアパラ競技大会の100㍍背泳ぎS8クラスに、豊川高校1年の中根暖さん(15)=豊橋市西幸町=が出場する。3日、豊川市役所を訪れ、竹本幸夫市長に「自己ベ...

荘内日報社

「湯ったり号」本格運行スタート 乗合タクシー 鶴岡市温海地域の新たな足確保 ..

 鶴岡市温海地域で2020年に路線バスが廃止・縮小されたことを受け、地域住民の新たな足となるよう試験運行が進められていた温海地域乗合タクシーが2日、本格運行を開始した。愛称は「湯ったり号」に決まり、同日...

「無添加スイーツ」サツマイモ 帯広市内の専門店「十芋」

 「食欲の秋」が到来-。秋はさまざまな食材が旬を迎え、色鮮やかな紫色のサツマイモの新芋はホクホク食感が楽しめる。毎日食べるというほど“サツマイモ愛”にあふれ、昨年7月、帯広市西21南3に「さつまいも...

宇部日報社

古地図で厚狭をガイド 語り部の会が旧山陽道など【山陽小野田】

 古地図を使ったガイドウオーク「古地図を片手に、まちを歩こう。」のスタンプラリーが、おいでませ山口観光キャンペーン推進協議会の主催で行われている。県内と島根県益田市の全38カ所のうち、山陽小野...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク