全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

親子で脱炭素社会学ぶ 奄美市笠利町でイベント

人力発電の自転車レースに挑戦する来場者ら=21日、鹿児島県奄美市笠利町の県奄美パーク

 脱炭素社会について楽しく理解を深める「カーボンニュートラルフェアinあまみ」が21日、鹿児島県奄美市笠利町の鹿児島県奄美パークで始まった。電気の仕組みを学ぶステージイベントや、電気自動車(EV)の仕組みを学ぶエコスクール、EⅤ試乗会など、再生可能エネルギーの活用や省エネ対策を体感し、学べる多彩なイベントを用意。最新エコ技術を楽しもうと、多くの家族連れが来場した。フェアは22日まで。

 鹿児島県の主催で、2050年までに温室効果ガスの排出量を実質ゼロにする「カーボンニュートラル」の実現に向け、住民の理解を深めるのが目的。昨年11月の鹿児島市に続き、2カ所目の開催となった。

 館内では▽「科学のお姉さん」五十嵐美樹さんのサイエンスショー▽クイズ大会▽奄美高校郷土芸能部の発表▽工作教室▽人力発電の自転車レース▽県や国の取り組みを学ぶパネル展示―などを開催。屋外エリアでは▽EⅤ・PHEⅤ(ハイブリッド車)・電動自転車の試乗▽水素自動車や超小型EⅤの展示▽ⅤR映像体験▽エコバッグ作りなどのワークショップ▽フリーマーケット▽フードブース―などがあった。

 龍郷町から訪れた山口須美乃さんは、親子3人で日産の軽EⅤ「サクラ」に試乗。実際に走行し「以前から興味があり乗ってみたいと思っていた。とても静かで驚いたが、安心して運転できた。購入も検討したい」と話した。

 県環境林務課地球温暖化対策室の大小田敦室長は「離島での開催に際し資材搬入などに苦労したが、2050年に向け未来を担う島の子どもたちに、興味を持って楽しく学んでほしい。大人もEⅤの利点など着目してもらえたら」と語った。

関連記事

若雌1類優秀に大海 市畜産共進会 団体賞は下地支部 県上位入賞へ期待込め

 宮古島市畜産共進会(主催・同実行委員会)が13日、JAおきなわ宮古家畜市場で開かれた。3部門に計24頭が出品された。審査の結果、若雌第1類で大海(上野)所有の「たいかいとよひめ」号が優秀賞とJAおきなわ宮...

北羽新報社

金勇で「能代の七夕展」始まる 当番組・萬町組の提灯など展示

 能代市柳町の観光交流施設・旧料亭金勇で13日、同施設の企画展「能代の七夕展」が始まった。8月6、7日に市内で行われる役七夕の当番組を務める萬町(あらまち)組で実際に使われる提灯(ちょうちん)や...

岸田首相が矢作ダムなどを視察

 岸田文雄首相はこのほど、豊田市と岐阜県恵那市にまたがる矢作ダムなどを視察した。県が進める「矢作川・豊川CNプロジェクト」について、林全宏副知事らから説明を受けた。  まず、豊田市西山町では...

北羽新報社

コハクチョウ家族が〝定住〟 能代市赤沼の米代川河川敷

 能代市赤沼の米代川河川敷に年中とどまっているコハクチョウの親子がいる。つがいの一方がけがなどのため飛べずにいるのを気遣い、4年ほど前から渡りの季節を過ぎても夫婦そろって残るようになり、2年前...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク