全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

河川復旧完了祝う 札内川・音更川 士幌

堤防上から復旧状況の説明を受ける来賓や関係者

 札内川、音更川の災害復旧工事完了を記念した竣工(しゅんこう)式が9日、士幌町音和橋付近で開かれた。堤防が被災した地域の市町村長や工事関係者ら約60人が参加し、工事の完了を祝った。

 札内川と音更川は昨年8月の台風により、3カ所で堤防決壊などの被害を受けた。帯広開発建設部では被災直後に仮堤防設置の応急復旧工事を行い、昨年12月下旬から本復旧工事を開始。原型復旧をした上で、以前は芝を植えていた堤防ののり面浸食を防ぐ目的でコンクリートブロックを設置。7月下旬には3カ所とも復旧工事が完了。総事業費は、3カ所合計で11億円。

 竣工式は堤防が決壊した地点の帯広市、士幌町、中札内村と河川を管理する帯広開発建設部が主催。関係者のほか、中川郁子衆院議員や新党大地の鈴木宗男代表らも参加した。

 竣工式では、初めに小林康雄士幌町長が「災害発生から1年以内に竣工でき、関係機関の努力と皆さまの協力に感謝する」と式辞。和泉晶裕道開発局長のあいさつに続いて、中川議員が祝辞を述べた。西岡悟帯広河川事務所長が工事内容を報告し、参加者らは実際に工事箇所を視察。最後に関係者がくす玉を割り、竣工を祝った。

関連記事

北羽新報社

甘くみずみずしく 能代市で「白神きゃべつ」収穫盛ん

 能代市で、初夏取りキャベツの収穫が行われている。JAあきた白神によると「今年は玉のそろいが良く、収穫は順調に進んでいる」といい、現在は作業が終盤。各地の農家が梅雨空の中で汗を流している。新たに...

宇部日報社

厚狭秋まつりで披露されている古式行事を体験する会

 山陽小野田市の無形民俗文化財で、厚狭秋まつり(11月)で披露されている古式行事を体験する会が25日、厚狭地区複合施設体育館で開かれた。厚狭小の放課後子ども教室の1~6年生24人が参加。独特の踊...

長野日報社

養蚕 高品質な繭へ「上蔟」作業 長野県岡谷市

養蚕や桑栽培に取り組む長野県岡谷市川岸上の三沢区民農園は27日、飼育してきた春蚕4万頭の上蔟を同農園の蚕室で行った。十分に成熟して繭糸を吐き出すタイミングになった蚕を、繭を作らせるための蔟に移...

個性豊かな凧、大空へ 3年ぶり、全国から愛好家や市民集う 石垣島凧あげ交流..

 2022年第20回石垣島凧あげ交流会第10回全国シャクシメー大会(石垣島凧あげ大会実行委員会主催)が26日、南ぬ浜町人工ビーチで開催された。全国からの愛好家や地元の子どもたちら約150人が参加し、夏至南風...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク