全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

超早場米、田植え始まる 収穫は5月中旬ごろ予定

米どころ石垣島で「ちゅらひかり」の田植えが始まった=20日午後、石垣市平得

 県内有数の米どころ石垣島で超早場米の田植えが始まっている。平得にある農業生産法人YAIC(山田義哲代表)の田んぼでは。20日、田植え機の音が響き、青々とした苗が植えられていった。収穫は5月中旬ごろを予定。

 同社は、2019年から長野県の信州ファーム荻原と連携して、沖縄県の奨励品種「ちゅらひかり」の生産拡大に力を注いでいる。

 この日も、YAICの水田5000平方㍍で信州ファームの職員らが、10~15㌢に育った苗を手際よく植えていった。

 山田代表(68)によると、昨年末からの天候不順で心配していたが、この2週間で順調に成育し、例年より10日ほど早く植え付け日をむかえた。

 食感と甘味に富んだ「ちゅらひかり」は、いもち病にも強いとされ、県も生産者が増えることに期待を寄せている。

 信州ファームの荻原昌真代表(43)は「山田さんとのご縁で4年前から試験的な栽培をしている。日本一早い新米として全国に送ることができ、今からわくわくしている。沖縄産の品種を確立させ石垣島のブランド米になるよう、努力していきたい」と抱負。

 山田代表は「化成肥料もなるべく減らして安心安全な米を消費者の皆さまに届けたい」とPRした。

 石垣島での今期生産量は信州ファーム12㌧、YAICは60~80㌧を計画している。

関連記事

紀伊民報社

地蔵の顔欠け「かわいそう」 「百間ぐら」で風化か

 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されている熊野古道「小雲取越」の途中にある和歌山県田辺市本宮町の名所「百間ぐら」で、道沿いにある地蔵の顔が欠けた状態になっている。風化によるとみられるが...

小中学校 「ふっこう応援給食の日」 能登牛カレーに舌鼓  白老

白老町の小中学校で11日、石川県のブランド牛「能登牛」を使ったビーフカレーが給食に提供された。白老牛銘柄推進協議会(岩崎考真会長)が能登半島地震の被災地支援のため購入した牛肉。町教育委員会(しらお...

忠類から詐欺撲滅! ボランティア団体「どんとこいの会」結成

 幕別町忠類で、地元建設会社とシニアクラブが詐欺撲滅を目指すボランティア団体「詐欺撲滅団 忠類どんとこいの会」を結成した。帯広署管内でSNS詐欺防止のボランティア団体がつくられるのは初めて。同署忠...

荘内日報社

“郵便のお仕事”興味津々 松原保育園児が鶴岡郵便局訪問

 鶴岡市宝町の市立松原保育園(齋藤功園長、園児115人)の園児たちが11日、同市山王町の鶴岡郵便局(藤井泰局長)を訪問し、仕分けや押印など郵便業務を見学した。  園児たちが大好きな郵便配達をテーマにし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク