全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

大寒の諏訪湖で薄氷観測 御神渡り出現へ寒波に期待 長野県

1週間ぶりに使われた氷斧で諏訪湖面に張った氷を割る、氏子総代の桑原良次さん

1年間で最も寒くなる時期とされる「大寒」の20日、御神渡り(御渡り)の判定と神事をつかさどる長野県の八剱神社(諏訪市小和田)による諏訪湖の観察では、厚さ3ミリの薄氷が観察場所から沖合1メートルの範囲で確認された。湖面に張った氷を割る氷斧が、1週間ぶりに使われた。まだ厚い氷はできないが、集まった氏子総代らは今後の寒さを期待した。

氷は、前日夜から一晩でできる「一夜氷」。気泡が含まれない透き通った氷で、厚さを増すことが御神渡り出現に必要だという。氷を割った氏子総代の桑原良次さん(63)は「やっと仕事が来た。まだたたいてすぐに割れてしまう。一生懸命たたかないと割れないほど厚くなってほしい」と話した。午前6時30分に同神社が計測した気温は氷点下4・4度、水温は3・1度で前日と変わらなかった。

宮坂清宮司は、大寒までの観察について「冬晴れの好天が続いたが、氷点下10度を下回らない。諏訪の冬らしくないな」と振り返り、「来週来るという寒波に期待し、まずは全面結氷を見たい」と祈った。

関連記事

紀伊民報社

地蔵の顔欠け「かわいそう」 「百間ぐら」で風化か

 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されている熊野古道「小雲取越」の途中にある和歌山県田辺市本宮町の名所「百間ぐら」で、道沿いにある地蔵の顔が欠けた状態になっている。風化によるとみられるが...

小中学校 「ふっこう応援給食の日」 能登牛カレーに舌鼓  白老

白老町の小中学校で11日、石川県のブランド牛「能登牛」を使ったビーフカレーが給食に提供された。白老牛銘柄推進協議会(岩崎考真会長)が能登半島地震の被災地支援のため購入した牛肉。町教育委員会(しらお...

忠類から詐欺撲滅! ボランティア団体「どんとこいの会」結成

 幕別町忠類で、地元建設会社とシニアクラブが詐欺撲滅を目指すボランティア団体「詐欺撲滅団 忠類どんとこいの会」を結成した。帯広署管内でSNS詐欺防止のボランティア団体がつくられるのは初めて。同署忠...

荘内日報社

“郵便のお仕事”興味津々 松原保育園児が鶴岡郵便局訪問

 鶴岡市宝町の市立松原保育園(齋藤功園長、園児115人)の園児たちが11日、同市山王町の鶴岡郵便局(藤井泰局長)を訪問し、仕分けや押印など郵便業務を見学した。  園児たちが大好きな郵便配達をテーマにし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク