全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

標津農協の事例紹介 道東地域オンラインで農福連携セミナー【釧路】

オンラインで事例紹介する標津農協の宮島主査

 農林水産省北海道農政事務所は20日、道東地域における農福連携推進セミナーを釧路、帯広、北見の会場とオンラインで開催した。障害者の農業分野での活躍を通じて農業経営の発展とともに、障害者の自信や生きがいを創出し社会参画を実現する農福連携推進に向けて情報交換した。

 基調講演で酪農学園大学の義平大樹教授は、酪農や畜産で農福連携を進めるメリットについて、冬期間にも一定量の仕事があることや毎日同じパターンで仕事が進むので熟練しやすいことなどを挙げて説明。続いて、北王農林(十勝管内幕別町)の藤原昇常務ときたみらい農協(北見市)の菊池光祐主任、標津農協の宮島望主査が事例紹介した。

 標津農協の宮島主査は、子牛ハッチの除ふんや搾乳室の清掃など軽作業を担う人材として、福祉事業所のくれすとぱすてる(中標津町)と連携して障害者を酪農家に派遣する取り組みを紹介。「普段、後回しになってしまう作業を処理してくれた。子牛の事故が減ったなどの成果があった」と話した。

関連記事

ネーミングライツを検討 伊良部球場と新総合体育館 宮古島市

2021年9月に供用開始した市伊良部野球場と、新たに建設される市総合体育館について、宮古島市がネーミングライツの導入に向け準備を進めていることが18日、分かった。同日行われた開会中の市議会6月定例会一般質...

北羽新報社

二ツ井小児童が枝打ち体験 楽しみながら山の手入れ 能代市

 能代市二ツ井小(安井敦子校長)の3年生が18日、同市二ツ井町梅内の山林で枝打ちなど杉林の育成作業を体験した。児童たちは、木材として利用できるほどの大きな木に成長するには長い時間がかかり、枝打ちな...

7月に「三河赤引糸」を伊勢神宮へ奉納 新城の養蚕農家・滝本さん

 新城市出沢の養蚕農家滝本雅章さん(72)が、繭を出荷した。絹糸にし「三河赤引糸」として7月4日に伊勢神宮に奉納する。  奥三河地方では約1300年前から蚕を育て、絹糸を伊勢神宮に奉納していた...

八重山の味つたえ隊 JICA研修員に家庭料理

 国際協力機構(JICA)の研修員受け入れ事業が17日、森井農園(森井一美代表)=宮良仲田原=で行われ、「南の島々から八重山の味つたえ隊」(上原かよ子隊長、10人)がアフリカのマダガスカルとブルキ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク