全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

高密度に化石含む地層発見 スピノサウルスの歯も

広川町の地層で発見された恐竜の化石を説明する北九州市立自然史・歴史博物館の御前明洋学芸員(20日、和歌山県海南市で)

 和歌山県立自然博物館(海南市)は20日、広川町山本の白木海岸で、恐竜など脊椎動物の化石が高密度に含まれる地層を発見したと発表した。約1億3千年前の白亜紀前期の黒色泥岩層。この地層からスピノサウルス類の歯など、恐竜の化石4点を含む19点の脊椎動物の化石を確認した。

 有田市出身で北九州市立自然史・歴史博物館の御前明洋学芸員が昨年3月23日、白木海岸の地層で、県内初となるワニ類の化石を発見したことがきっかけ。
 陸上の脊椎動物が発見されたことにより、恐竜の化石も見つかりやすいと推測。その後、県立自然博物館や国立科学博物館(東京都)も参加し、共同で調査することになった。5月と9月に、恐竜など脊椎動物の化石を多数発見した。

恐竜スピノサウルス類の歯の化石

 恐竜の化石4点のうち、一つはスピノサウルス類の歯で、県内2例目。恐竜では珍しく、水中で泳ぐことが得意で、主に魚を捕食していたと考えられるという。もう一つはイグアノドン類の歯で、県内で初の発見となった。このほか、肉食恐竜の歯の跡2点、カメの甲羅片6点、淡水・汽水生のサメの歯2点、硬く厚いうろこを持つ魚「硬鱗魚」のうろこ2点なども発見した。
 県内ではこれまで、湯浅町で2点の恐竜の化石(うち1点はスピノサウルス類)が発見されていたが、いずれも転がっていた石だったため、追加調査が困難だった。今回の地層の発見により、県産の恐竜の化石産出数が飛躍的に増えることが期待されるという。
 調査に参加した国立科学博物館の對比地孝亘研究主幹は「特にスピノサウルスの仲間の歯の化石は興奮した。生態が謎に包まれている恐竜。地層が分かっているので、生きていた環境を推測できる」と期待した。
 今回発見した化石は、31日~3月31日に自然博物館に展示する。

関連記事

ネーミングライツを検討 伊良部球場と新総合体育館 宮古島市

2021年9月に供用開始した市伊良部野球場と、新たに建設される市総合体育館について、宮古島市がネーミングライツの導入に向け準備を進めていることが18日、分かった。同日行われた開会中の市議会6月定例会一般質...

北羽新報社

二ツ井小児童が枝打ち体験 楽しみながら山の手入れ 能代市

 能代市二ツ井小(安井敦子校長)の3年生が18日、同市二ツ井町梅内の山林で枝打ちなど杉林の育成作業を体験した。児童たちは、木材として利用できるほどの大きな木に成長するには長い時間がかかり、枝打ちな...

7月に「三河赤引糸」を伊勢神宮へ奉納 新城の養蚕農家・滝本さん

 新城市出沢の養蚕農家滝本雅章さん(72)が、繭を出荷した。絹糸にし「三河赤引糸」として7月4日に伊勢神宮に奉納する。  奥三河地方では約1300年前から蚕を育て、絹糸を伊勢神宮に奉納していた...

八重山の味つたえ隊 JICA研修員に家庭料理

 国際協力機構(JICA)の研修員受け入れ事業が17日、森井農園(森井一美代表)=宮良仲田原=で行われ、「南の島々から八重山の味つたえ隊」(上原かよ子隊長、10人)がアフリカのマダガスカルとブルキ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク