全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

帯広にジャガイモスイーツ専門店 21日オープン

ポテトけんぴとポテトチーズケーキをPRする石川遵料飲課支配人

 ホテル十勝屋(帯広市、後藤陽介社長)が、十勝ガーデンズホテルの立体駐車場を解体し整備を進めてきた、十勝産ジャガイモスイーツを柱としたテークアウト店が21日、市内西2南11にオープンする。「ジャガイモでは珍しい」(同社)というポテトけんぴのほか、バスクチーズケーキなどをそろえ、アフターコロナの土産需要なども見込んでいる。

 店名は「Brand new Tokachi」。ポテトけんぴは「十勝産野菜で他にないスイーツを作りたいとゼロベースからレシピ開発した」と後藤社長。きたあかりを揚げて糖蜜と粉糖をまぶした。1袋40グラム入り380円。

 他にポテトけんぴチップス(同価格)や、ポテトけんぴに十勝産・製造の「とか密」を直接かけるタイプ(1袋40グラム、520円)、「インカのめざめ」のスイートポテトとの2層のポテトバスクチーズケーキ1個(300グラム、1200円)、あんバタクロワッサン(250円)など。

 店舗と併設した工房で製造。老朽化した立体駐車場の解体と新施設建設は昨夏に完了、商品開発を進めてきた。施設面積は約180平方メートルで、宅配弁当事業「けやき~欅」の調理場もレストラン部門から分離して併設。国のコロナ対策の事業再構築補助金に採択された。解体も含め事業費は約1億円。後藤社長は「観光シーズンに向け、新たな名産としてブランド化したい」と話す。営業時間は午前11時~午後5時、日曜は午後3時閉店。

関連記事

長野日報社

南箕輪村特産米 飲食店で”村産村消” 「金芽米の日」開始 長野県

長野県南箕輪村で14日、村特産の特別栽培米「風の村米だより」を飲食店で提供する「金芽米の日」が始まった。毎月第2、4金曜日を「金芽米の日」として消費拡大と認知度向上を図る取り組みで、村内の飲食...

長野日報社

地元産原料の麦焼酎、来春発売へ製品化 長野県飯島町の「水緑里七久保」

 多品目で農業生産を手掛ける長野県飯島町七久保の「水緑里七久保」は、自社栽培の六条大麦を原料にした麦焼酎の製品化事業に着手した。喜久水酒造(飯田市)に醸造を委託し、来春に発売する。同社創立20周...

貴重な白「ひろがる」12日発売 めむろワイナリー

 芽室町内のワイン醸造所「めむろワイナリー」(中美生、尾藤光一代表)は12日から2023年ビンテージの白ワイン「ひろがる」(1本375ミリリットル、3300円)を84本限定で販売する。尾原基記醸造...

消費者へ“ツナグ”チーズ 芽室・大友牧場「ミルク感味わって」

 芽室町関山の大友牧場(大友詠吉代表)が、同牧場で搾った生乳を使いオリジナルのチーズ「ツナグ」を開発した。製造は新得町のチーズ工房「広内エゾリスの谷チーズ社」(寺尾智也代表)に委託した。大友代表は...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク