全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

長野県伊那市のワーケーション体験車両 「イブモ」利用好調

利用が好調な伊那市のワーケーション体験車両「イブモ」

 長野県伊那市が昨夏導入後、10月から一般向けのモニターツアーを行っているワーケーション体験車両「IVMO(イブモ)」の利用が増えている。これまで都市圏の企業10社計45人が利用。仕事と休暇を両立させて過ごすワーケーションを通じ、体験者と市民との新たな交流も始まった。市は「将来的な移住定住や新たな地域振興のきっかけになる」と体験車両の導入効果に手応えを感じている。

 イブモは、県外の企業で働く人が、伊那市内で各自の仕事(テレワーク)と農林業体験やアウトドア活動、市民との交流などを通じ「伊那暮らし」の特徴を知るための”動くオフィス”。車両はトヨタのマイクロバス(排気量4000cc)を、市と連携するトヨタ車体(愛知県)がテレワークオフィス兼キャンピングカーに改装した。

 市は昨年8月に車両を導入後、ホームページやワーケーション専用サイト、各種メディアで無料モニターツアーの参加者を募集。体験希望者と事前に詳細な打ち合わせを実施し、「伊那で何をしたいのか」の要望を聞いて個別のプランを作成し、市内に滞在するツアーを行っている。

 これまでに関東、関西、中京圏にある情報技術や製造などの企業に勤める人が主に1泊2日~3泊4日のツアーを体験。参加者は仕事の傍ら、農作業、山菜採りと調理、パラグライダー試乗、たき火などのアウトドア活動を楽しんでいる。市内で林業を体験した情報関連技術者の中には、林業の業務効率化を図る新たな専用ソフトの開発に着手した人もいるという。

 イブモは6人乗り。仕事用机や椅子、ベッド、トイレ、冷蔵庫、テレビ、エアコン、給湯用のボイラー、発電用ソーラーパネルなどを完備する。インターネットが使える無線通信環境も整う。業務は伊那バス観光(伊那市)に委託し、車両の運転は伊那バス(同市)の運転手が担う。

 モニターツアーは3月末まで。市は市内の宿泊施設を利用したワーケーションも企画する。利用は県外者のみ。市地域創造課の工藤あずささんは「都会の方が伊那市の魅力に触れられる良い機会。伊那にお住まいの方で、県外に知人のいる方はツアーへの参加を呼び掛けてみてほしい」と話した。問い合わせは同課(電話0265・78・4111)へ。

関連記事

八重山の味つたえ隊 JICA研修員に家庭料理

 国際協力機構(JICA)の研修員受け入れ事業が17日、森井農園(森井一美代表)=宮良仲田原=で行われ、「南の島々から八重山の味つたえ隊」(上原かよ子隊長、10人)がアフリカのマダガスカルとブルキ...

釧路新聞社

鶴居産野菜 フレッシュジュースに つるぼーの家、規格外活用【鶴居】

 【鶴居】鶴居たんちょうプラザ「つるぼーの家」(運営・村振興公社)は毎週土、日曜の朝限定で、鶴居産の野菜を使った「モーニングフレッシュジュース」の販売を始めた。野菜は店頭に出せない規格外品を使用し...

長野日報社

ブルーベリー40種摘み取り 観光農園あすオープン 長野県原村

 長野県原村払沢にブルーベリー観光農園「原村の山麓ブルーベリー農園」が20日、オープンする。横浜市から新規就農した清水裕介さん(69)=払沢=が、耕作放棄地を自身で開拓するなど3年ほどかけて準備し...

紀伊民報社

心安らぐピンク色の花 大賀ハス咲き始める

 和歌山県上富田町岡の田中神社近くにあるハス田で、大賀ハスの花が咲き始めた。世話をするグループによると、7月中旬ごろまで見ることができるのではないかという。  大賀ハスは、1951年に植物学者の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク