全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

酒田在住新卒毎年2人以上採用 リモートワークで新商品開発を PLCパートナーズ(本社東京)が発表

 製造業・建設業を中心とした業務コンサルティング、工程・労務管理といった業界に特化したクラウドサービスなどを手掛ける「PLCパートナーズ」(東京都、人見正徳社長)は18日、酒田市役所で会見を開き、2024年度から毎年、市内在住の新卒者2人以上を新規採用すると発表した。採用者は酒田に住み続けながらリモートワークで新商品の開発などに携わる。

 同社は13年4月の創業で、社員は約30人。建設業における人員負荷状況を可視化し、受注・採用計画の構築に向けたサポートを行うクラウドサービス「KENTIC cloud」、企業などの環境活動を促進させるため活動・プロセスの可視化、レポート作成業務の軽減化を図る同「Green Action」を運営している。

 同社によると、都市部におけるIT人材不足は顕著。人材の確保に関して内閣府に相談したところ、政府が昨夏に実施した「夏のデジ田甲子園」で優勝した酒田市を紹介されたという。さらにITについて学ぶ学生が在籍する東北公益文科大学と県立産業技術短期大学校庄内校、テレワークに適した市産業振興まちづくりセンター「サンロク」の存在、本社からのアクセスの良さを加味し進出を決めた。

 会見に臨んだ人見社長は「酒田市は強いポリシーでデジタル変革(DX)を推進している。ここ酒田を拠点に『DX化の地産地消モデル』を構築し、全国に発信したい。地元で何かをやりたい、チャレンジしたいと思っている新卒者を採用したい」と。丸山至市長は「市はDXを推進しており、その矢先の進出に感激している。若者の地元定着を図る上でもありがたい」と述べた。

丸山市長から酒田のシンボル・大獅子の置物を受ける人見社長(右)

関連記事

紀伊民報社

「イノブターダービー」中止 飼育数減少が影響

 和歌山県すさみ町のすさみ海水浴場で毎年5月3日に開かれている「イノブータン王国建国祭」の名物イベント「イノブタダービー」が、今年は中止されることが分かった。主催の実行委員会は「イノブタの飼育数...

マンガリッツァ豚と旬のアスパラ 幕別の味、一緒に食べて

 幕別町内で生産される「十勝ロイヤルマンガリッツァ豚」と北王農林(藤原壽美社長)の旬のアスパラガスのコラボ商品が4月末まで、オンラインショップで販売されている。  マンガリッツァ豚は、ハンガ...

荘内日報社

「SVリーグ」に参入決定!! “世界最高峰”目指し新設「ファンと共に戦う」 ラ..

 ジャパンバレーボールリーグ(JVL)は17日、都内で会見を開き、10月に開幕するトップリーグ「大同生命SVリーグ」男女のリーグ編成を発表した。先にSVクラブライセンスの交付を受けていた、酒田市を拠点...

宇部日報社

市が新たに電動自転車20台導入 シェアサイクル実証事業 観光客の需要を見..

 山口市は15日、2020年から行っているシェアサイクル実証事業で、新たに電動自転車20台を導入した。市民からの要望に加え、米有力紙の特集「今年行くべき旅行地52選」に選ばれたこともあり、国内...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク