全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

学び生かしアイデア提供 ブルーベリー農園とパン工房PR 遊佐高

 遊佐町の遊佐高校(佐藤りか校長)3年生のうち地域デザイン、文書デザイン両専攻を選択する16人は本年度、遊佐町内のブルーベリー農園、パン工房を広くPRするため販売促進に向けたポスターやパンフレット、新たなレシピ、パッケージデザインなどを考案。同校で17日、関係者を招いて発表会が行われ、これまでの学びを生かして生徒たちが作り上げた制作物を披露。関係者からは「すぐにも使用したい」といった声も上がった。

 生徒たちは昨年5月以降、ブルーベリー栽培を展開する「いけだ農園」の池田弘一さん(68)=吉出、手作りパン石窯工房「ブーランジェリーNAO」の野里常雅行さん(62)=北目=の協力で授業を展開。同7月に同町白井新田のしらい自然館で行われた学習会の際、生徒たちが「ぜひPRを手伝わせてほしい」と要請したところ、「これまで販売促進に向けたPRやキャンペーンは二の次と考えていた。良いアイデアがあれば歓迎。お願いしたい」と池田さん、野里常さんがともに快諾。生徒たちは農園や工房を見学したり、2人と意見を交わすなどし見聞を広げてきた。

販売促進に向けた制作物を遊佐高生が次々と発表

 この日は池田さん、野里常さんはじめ、これまで3年間でお世話になった地域の人たちを招待。生徒たちは専攻単位でライ麦パンを用いたレシピ、土産用ブルーベリーを入れる容器のパッケージデザイン、販促に向けたポップ、人が行き交う箇所に掲示するポスターなどを発表。特に盛り上がったのが、いけだ農園のイメージキャラクター。いずれもブルーベリーを擬人化しており、優劣付けがたい、その出来栄えに池田さんも頭を悩ませていた。

 発表を聴講した池田さんは「若い感性で創造した作品で、どのアイデアも参考になる。活用を前向きに検討したい」と。生徒一人一人にアドバイスを送った野里常さんは「生徒が考案したポップは実際に使用する。レシピを考案した生徒から工房に来てもらいたい。一緒にパンを焼こう」と呼び掛けた。

 生徒の一人、安藤希祥さんは「自分がワクワクする方向に進んでいけば、結果はおのずと付いてくるということを学んだ」と話した。

関連記事

ポリネシア先住民族のダンサー ウポポイ 炎の演舞披露 白老

ポリネシアの先住民族にルーツを持つ米ハワイ出身のダンサー、デビット・ナレアイさん(45)とバイソン・ナレアイ(25)さんが24日、白老町若草町の民族共生象徴空間(ウポポイ)を訪れ、南洋のサモア諸島...

荘内日報社

土砂災害や河川氾濫に厳重警戒 「大雨特別警報」酒田、鶴岡、遊佐で避難指示

 梅雨前線の影響で大気が不安定となり庄内地方は25日、雷を伴った激しい雨が降り続いた。この雨で土砂災害の危険度が高まったとして気象庁は同日午後1時5分、酒田市と遊佐町に警戒レベル5に当たる「大雨特別警報...

メークインで高級スナック菓子 50グラム540円「フライドポテト」 JA..

 JA帯広大正(森和裕組合長)は、高級スナック菓子「帯広大正農協の大正メークインでつくったフライドポテト」を発売した。同JAのブランド野菜「大正メークイン」の素材力を生かし、サクサクの食感と素朴な...

宇部日報社

原小出身の三戸選手が2発、パリ五輪サッカー男子の初戦勝利に貢献、市役所で..

 パリ五輪のサッカー男子は25日(現地時間24日)、1次リーグが始まり、D組の日本は宇部市出身の三戸舜介選手(21)の2ゴールなどでパラグアイに5-0で快勝した。南米の難敵を相手に1次リーグ突...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク