全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

チャレフェス×シノッ・チャレ スポーツとアイヌ文化楽しむ  白老

白老町社台のNPO法人ウテカンパ(田村直美代表)は15日、町中央公民館で巨大エア遊具のスポーツ体験「チャレフェス」とアイヌ文化に触れることができる「シノッ・チャレ」を初めて開いた。子連れの町民ら283人が来場し、「白老に遊園地ができたよう」とさまざまな遊びや体験を楽しんだ。

チャレフェスで屋内スポーツを楽しむ児童

 感染症対策のため、完全予約制とし、開催中は30分ごとに時間を区切り、来場者を入れ替えて計12回開催した。

 チャレフェスでは、直径4メートルのダーツ台に専用のサッカーボールなどを当て合計得点の高さを競う「ビッグダーツ」やサッカーとビリヤードを融合した「フットビリヤード」、透明のボールの中に入って互いにぶつかり合う「バブルボール」など計8種目を1階講堂に用意。家族4人で訪れ、汗を流した町虎杖浜の自営業、蒲原亮平さん(37)は「子どもと楽しく過ごせた」と喜んでいた。

 アイヌ文化を遊びながら学べる「シノッ・チャレ」では、アイヌ文化クイズや手話クイズ、アイヌ民族の伝統衣装を着て撮影できるブースなどを2階に開設した。苫小牧市豊川町から家族4人で訪れた石亀希和ちゃん(5)は「(伝統衣装を)初めて着た。手話も学べて楽しかった」と満面の笑みを浮かべた。

 チャレフェスの開催は、同法人が2019年に札幌市内で開かれた屋内スポーツ体験イベント「スポカル」にアイヌ文化ブースとして出展し、札幌市の主催者と縁ができたことで実現した。

 スポカル実行委員会実行委員長の本田一輝さん(42)は「胆振では初めてのチャレフェス。札幌ではもっぱら児童が楽しむイベントになったが、白老では親子が一緒に楽しんでいた。今後も白老で定期的に開催したい」。田村代表(51)も「帰宅後も楽しかった余韻を語り合い、冬の思い出にしてもらえたら」と話していた。

関連記事

ポリネシア先住民族のダンサー ウポポイ 炎の演舞披露 白老

ポリネシアの先住民族にルーツを持つ米ハワイ出身のダンサー、デビット・ナレアイさん(45)とバイソン・ナレアイ(25)さんが24日、白老町若草町の民族共生象徴空間(ウポポイ)を訪れ、南洋のサモア諸島...

荘内日報社

土砂災害や河川氾濫に厳重警戒 「大雨特別警報」酒田、鶴岡、遊佐で避難指示

 梅雨前線の影響で大気が不安定となり庄内地方は25日、雷を伴った激しい雨が降り続いた。この雨で土砂災害の危険度が高まったとして気象庁は同日午後1時5分、酒田市と遊佐町に警戒レベル5に当たる「大雨特別警報...

メークインで高級スナック菓子 50グラム540円「フライドポテト」 JA..

 JA帯広大正(森和裕組合長)は、高級スナック菓子「帯広大正農協の大正メークインでつくったフライドポテト」を発売した。同JAのブランド野菜「大正メークイン」の素材力を生かし、サクサクの食感と素朴な...

宇部日報社

原小出身の三戸選手が2発、パリ五輪サッカー男子の初戦勝利に貢献、市役所で..

 パリ五輪のサッカー男子は25日(現地時間24日)、1次リーグが始まり、D組の日本は宇部市出身の三戸舜介選手(21)の2ゴールなどでパラグアイに5-0で快勝した。南米の難敵を相手に1次リーグ突...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク