全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

「菜花」の収穫本格化 寒い中で春の気配

つぼみの状態や切り取る長さを見極め、菜花を収穫する農家(和歌山県白浜町塩野で)

 和歌山県白浜町日置地区やすさみ町で、食用菜の花「菜花(なばな)」の収穫が本格化している。寒い日が続くが、春の気配を感じさせている。
 つぼみや茎、若葉を食べる独特のほろ苦さが楽しめる旬の味覚。JA紀南では、軽量で年配の農家でも取り組みやすいことから栽培を推奨しており、少しずつ栽培農家が増えている。
 日置やすさみでは農家16戸が計約2・6ヘクタールで栽培。今季の収穫は昨年12月から始まった。水田の裏作として作る人が多いが、秋の植え付け前に雨が続き、畑の準備が進まずに遅れたため、生育は前年と比べると遅れ気味になっているという。同JAは日置、すさみで今季、約18トンを市場出荷する目標という。地元の産直店でも販売されている。
 白浜町塩野の宮崎俊彦さん(64)は約18アールで栽培。3月末ごろまで収穫する予定で、1・5トンの収穫を目標にしている。
 水やりや施肥、倒れないように土を寄せるなど、こまめに手入れすることを心がけて栽培しているという。「水炊きやおひたしに使ったり、漬物にしたりして食べるのもおいしい。ぜひ旬の味覚を味わってほしい」と話している。

関連記事

紀伊民報社

防砂ネットを撤去 橋杭海水浴場

 南紀串本観光協会は27日、和歌山県串本町くじの川の橋杭海水浴場に設置していた防砂ネットを撤去した。海水浴場では4月からビーチハウスの営業が始まり、イベントの開催も計画している。  ネットは、冬...

荘内日報社

鶴岡市・酒田市・庄内町 水道事業を統合 広域水道企業団設立目指す

 鶴岡、酒田、庄内の3市町の水道事業を統合し広域水道企業団の設立を目指す「庄内広域水道事業統合準備協議会」の設立総会が28日、酒田市役所で開かれた。3市町の水道事業を水平統合した企業団による事業を2026...

苫小牧の本田青果店 笑顔で別れ 「朝市」から始まり半世紀超 31日に幕

苫小牧市港町の「海の駅ぷらっとみなと市場」で、前身の公設食品卸売センター時代を含めて長年営業してきた「本田青果店」が31日、閉店する。店主の本田勅子さん(81)は、昭和の中ごろまで苫小牧駅前にあっ...

ばんえい十勝 名馬五頭 引退セレモニー

 ばんえい十勝は19、20の両日、帯広競馬場で今年度限りで引退する5頭の引退セレモニーを開いた。5頭は余生を繁殖馬、種牡馬として過ごす。  引退するのは、ブチオ(牡10、今井茂雅調教師)、ア...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク