全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

元ふれあい動物園の“アイドル馬” ピエロが死ぬ 帯広

服部調教師の手を借りておどけるピエロ。ふれあい動物園ではアイドル馬だった(2013年3月、太田さん撮影)

 帯広競馬場内のふれあい動物園で生まれ育ち、白と黒の個性豊かな毛並みが特徴のミニチュアホース「ピエロ」(雄5歳)が7日、死亡した。同園の“アイドル馬”だっただけに、関係者からは悲しみの声が広がっている。

 ピエロは2012年に誕生。同園を管理する服部義幸調教師の下ですくすくと育ち、その愛くるしさから多くの来場者に好かれていた。15年に市内のホーストレーナー持田裕之さんに引き取られ、芸達者な一面を開花。同園で定期的に開かれるイベントに合わせて“凱旋(がいせん)”し、フラフープを飛んでくぐったりと身に付けた技を披露し、会場を沸かせていた。

 持田さんによると、6日の晩に疝痛(せんつう=腹痛)が悪化、帯広畜産大で治療を施すも7日朝に息を引き取った。9月に同園でショーを披露する予定だったが、5月の出演が最後の晴れ舞台となった。

 馬をテーマに撮影活動を続け、ピエロが生後3カ月の頃から写真を撮り続けてきた写真家の太田宏昭さん(埼玉)は「あれだけ個性豊かな馬はいなかった」と思い返し、服部調教師も「ピエロに会いに来るお客さんも多かっただけに、残念でならない」と早過ぎる死を悼んだ。

関連記事

長野日報社

蓼科湖で数十年ぶり花火大会復活 10月に大型イベント 長野県茅野市

長野県茅野市郊外の蓼科湖で10月15日、湖上花火大会が数十年ぶりに復活することが、20日に同市のマリオローヤル会館で開いたちの観光まちづくり推進機構(DMO)第5回定時社員総会で明らかになった...

オビヒロホコテン3年ぶり活気 バトン、はしごで幕開け

 コロナ禍の影響で3年ぶりの開催となった帯広まちなか歩行者天国(オビヒロホコテン、実行委主催)は19日、帯広市内の平原通(西2条通)や広小路を舞台に開幕した。正午現在、帯広の気温は24.1度ま...

長野日報社

富士見高原リゾート シャクヤクが見頃 長野県

 長野県富士見町境の富士見高原リゾートで、花の里「白樺エリア」に植わるシャクヤクが見頃を迎えている。淡いピンクや白、赤色などの大輪が緑の中で映え、訪れた人たちが鮮やかな花色と甘い香りを楽しんで...

長野日報社

農村歌舞伎の舞台を宿に 長野県岡谷市の建物改修、一棟貸し

 古材や古道具のリサイクルショップ「リビルディングセンタージャパン(リビセン)」(長野県諏訪市小和田)が、農村歌舞伎の舞台として江戸時代に造られた岡谷市湊の建物を改修し、一棟貸しの簡易宿泊施設と...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク