全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

八重山でもエイサー演舞 平和祈り世界展開

一般参加者も加わり、インターネット中継で世界の支部と同時演舞をする琉球國祭り太鼓八重山支部=6日午後、石垣やいま村

 琉球國祭り太鼓八重山支部(村田天語支部長)は、「エイサーページェント2017~架け橋~」を6日、石垣やいま村で行い、世界にいる2500人のメンバーをインターネット中継で結び演舞を繰り広げた。  同団体は、沖縄本島に本部があり、現在国内に47ある支部は北米や南米など海外にも広がり、各地で活動を展開している。  同企画は、世界平和を祈り、ひとときでも武器をバチや太鼓に持ち替えようと毎年8月初旬頃に行っており、八重山支部ではことし、正規メンバーの32人に加え一般の子どもたちなど71人の計約100人が参加。午後には、国内・海外の全支部をインターネット中継で結び世界同時演舞を行った。  村田支部長は「年齢も、生まれや育ちの違いも隔てなく受け入れ合い、人の心と心を共感でつなげられるのがエイサーとこのチームの良さ」と笑顔を見せた。  同支部はことしで創設25周年を迎え、数字の「25」の人文字をつくり小型空撮機ドローンで撮影。一般参加者も一緒になり笑顔を見せていた。

関連記事

長野日報社

東京修学旅行再開 長野県諏訪市豊田小6年生に同行

 新型コロナウイルス感染症の影響で、ここ数年、長野県外から県内へ行き先が変更されるケースが相次いだ小中高校の修学旅行。感染状況が全国的に下火になっていることを受け、諏訪地域の学校では行き先を県...

紀伊民報社

大学生が3年ぶり「海の家」オープン

 和歌山県田辺市の田辺扇ケ浜海水浴場で、関西大学の学生が「海の家」を運営する。新型コロナウイルス禍で休止していたため、3年ぶり。7月9日のオープンに向け、準備を進めている。  関西大は市と地域活...

荘内日報社

「万里の松原に親しむ会」農水大臣賞

 全国森林レクリエーション協会(東京都、三浦雄一郎会長)が制定する本年度の「森林レクリエーション地域美しの森づくり活動コンクール」で、酒田市の環境保全ボランティア団体「万里の松原に親しむ会」(三浦...

大樹の「宇宙観光」連携 日本旅行と町、スペースコタン

 日本旅行(東京)、大樹町、SPACECOTAN(スペースコタン、同町)の3者は7月、宇宙のまちづくりをテーマにパートナーシップ協定を締結する。日本旅行のノウハウを生かし「宇宙観光」を振興する。7...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク