全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

疫病神めった打ち 伊那で「さんよりこより」

カラフルな短冊が付いた七夕飾りを手にして、疫病神に扮した大人2人に駆け寄る子どもたち。厄払いのため思い切り打ちつけた=美篶川手地区

 伊那市の三峰川を挟んだ二つの神社をつないで行う月遅れの七夕の伝統行事「さんよりこより」=市無形民俗文化財=が7日、同市美篶川手地区と富県桜井の天伯社であった。子どもたちが洪水を引き起こす疫病神を七夕飾りでたたいて追い払い、大人がみこしを担いで三峰川を渡り無病息災や川の平穏を願った。

 下川手の天伯社では、保育園児や小学生ら約60人が七夕飾りを持ち寄った。疫病神に扮した大人2人が太鼓を打ち鳴らす中、子どもたちは「さんよりこより(=さあ寄ってこいよ)」と唱えながら周りをぐるぐるし、3周したところで一斉に七夕飾りを打ちつけた。

 めった打ちにした方が厄払いにいいとされ、“集中攻撃”を浴びた疫病神は参りましたと退散。周囲にはカラフルな短冊や枝が散乱した。美篶小学校6年の北原朋弥君(12)は「かわいそうな気持ちもあったけれど、(厄払いのために)思い切りやりました」と振り返っていた。

 「立秋」のこの日は、台風の接近に伴って午後から天気が崩れ、大人たちの三峰川渡りは雨の中で行われた。

関連記事

長野日報社

関東甲信 過去最速梅雨明け 諏訪地方もスッキリ青空 長野県

気象庁は27日、長野県を含む関東甲信地方が梅雨明けしたとみられると発表した。1951年の統計開始以来最も早く、平年より22日、昨年より19日早い。梅雨明けまでの期間は21日と過去最短だった。 ...

紀伊民報社

「野球始めるきっかけに」 元阪神・濱中さんが教室

 田辺市出身で元プロ野球選手の濱中治さん(43)が25日、和歌山県上富田町朝来の上富田スポーツセンターで野球教室を開いた。  濱中さんは5月、野球独立リーグ「和歌山ファイティングバーズ」のゼネラ...

荘内日報社

女子プロレス・ディアナ庄内大会 同郷の井上選手らとタッグ戦

佐藤選手 古里・庄内町で凱旋試合  庄内町余目出身の女子プロレスラー・佐藤綾子選手(36)の凱旋(がいせん)興行「ワールド女子プロレス・ディアナ庄内大会」が25日、同町総合体育館で行われた。メインイベ...

厚真神社お披露目 復旧した姿に笑顔 鎮守の杜マルシェ

胆振東部地震で社務所や鳥居などが大きな被害を受けた厚真神社の復旧をお披露目するイベント「鎮守の杜(もり)マルシェ」が24、25両日、同神社で開かれた。神事の茅の輪くぐりや手水舎(ちょうずや)に花々...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク