全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

備蓄倉庫の中身は? 社会状況に応じ見直し

田辺スポーツパークにある防災備蓄倉庫。段ボール箱がずらりと並んでいる(和歌山県田辺市上の山1丁目で)

 いざという時に必要な災害備蓄品。和歌山県田辺市は、学校や公民館など市内約160カ所に非常用食料品や生活用品を分散して保管している。倉庫の中には具体的にどんな物が入っているのか。担当職員に案内してもらった。

 田辺スポーツパーク(上の山1丁目)の野球場そばにある防災備蓄倉庫。ドアを開けると、奥まで続く棚に段ボール箱がずらりと並んでいる。
 「この辺りが食料品です」。職員の目線の先にあるのは、水か湯を注ぐだけで食べられるアルファ米だ。スポーツパークに備えているのは4千食分。市全体では6950食分を備蓄している。
 缶に入ったクラッカーの賞味期限は、なんと25年。科学の進歩とともに、非常食も大きく進化している。
 市は南海トラフ巨大地震の被害想定に対応した整備計画に基づき、備蓄品を購入。その内容は、社会状況の変化など必要に応じて見直している。
 近年になって導入したのは、湯を使わずそのまま飲ませることができる乳児用液体ミルクだ。2016年の熊本地震の際にフィンランドからの支援物資として贈られたことから注目され、19年から国内でも製造販売されるようになった。
 このほか、食物アレルギー対応の食料品、女性用の生理用品も、新たに備蓄品に加えている。
 さらに、コロナ禍以降は避難所の感染症対策も求められており、テント型のパーティションや換気用の大型扇風機、非接触式電子体温計を追加で配備している。

■「家庭でも備えを」

 これらの備蓄品は数に限りがあり、個人での備蓄はもちろん欠かせない。水や食料だけではなく、赤ちゃんがいればベビー用品、持病があれば常備薬と、それぞれの事情に応じた物資を用意し、定期的に確認しておくことが大切だ。  市危機管理局の茨善行局長は「各家庭で必要な物資について考えることが、防災意識の向上にもつながる。話し合いながらリストを作って、大きな災害に備えてほしい」と話している。

関連記事

紀伊民報社

2回目支援で能登へ 梅の郷救助隊

 和歌山県みなべ町の民間災害ボランティア団体「紀州梅の郷救助隊」(尾﨑剛通隊長)のメンバーや町議会議員が29日、能登半島地震の被災地支援に向けて出発した。能登の被災地での救助隊の活動は2回目。今...

帯広農高生が育てた小豆でどら焼き 同窓会が卒業記念に贈呈

 農業高校ならではの思い出の品を-。1日卒業の帯広農業高校(佐藤裕二校長、生徒567人)の3年生185人に2月29日、同窓会の勝農会(中村健一会長)が記念品として、生徒が生産した小豆を使用した「ど...

荘内日報社

元気に帰ってきてね 西荒瀬小日向川へ サケの稚魚放流

 元気でね―。酒田市の西荒瀬小学校(白田克幸校長、児童121人)の全校児童が29日、昨年10月からこれまで大切に育ててきたサケの稚魚約6500匹を学校近くを流れる日向川に放流。児童たちはその姿が見えなくなるま...

宇部日報社

市内高校で卒業式、宇部中央で129人が巣立つ 最初で最後の校歌斉唱【宇部】

 宇部市と山陽小野田市の公・私立高校11校で1日、卒業式が行われた。会場には恩師や保護者からの「おめでとう」があふれ、生徒たちは希望を胸に晴れやかな表情で学びやを巣立った。  宇部中央(河村...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク