全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

庄内の特産品 バターサンドに ANAあきんど庄内支店×羽黒高

 地域創生に取り組むANAあきんど庄内支店(酒田市、前田誠支店長)は、鶴岡市の羽黒高校(加藤和司校長)と連携し庄内地域の特産品を棒状のバターサンドで味わうお菓子「庄内スティック」を開発した。庄内スティックは12日に鶴岡市の庄内観光物産館で販売を開始。開発に携わった同校の生徒たちが特設コーナーに並び、買い物客に新商品をPRした。

 同校普通科キャリアデザインコースの2年生が週1回受けている探求型授業「プロジェクトスタディ」の中で、9人の生徒が「羽黒高校スイーツプロジェクト」と題し、昨年4月から庄内を代表するお菓子開発に取り組んだ。

 スイーツの発案から実際の販売までを体験する民学連携プロジェクトで、庄内地域へ移住してきたANAの客室乗務員「ANA SHONAI BLUE Ambassador」(ブルーアンバサダー)のメンバーがアドバイザーとして参画。同社の「庄内スイーツプロジェクト」第2弾としても位置付けた。

 生徒は2、3人ずつ4グループに分かれ、銘菓やお土産の意義を考えながら市場調査を行い、アイデアを出し合うなどプロジェクトを進め、4種類のスイーツを発案。菓子製造の達商(鶴岡市宝田三丁目)に製造を委託し、試作品が出来上がった。同9月に学校関係者や地域住民などによる審査で最も評価が高かった「庄内スティック」の販売が決定した。

 庄内スティックは香ばしいスティック状のクッキーの間にバタークリームをサンドした。クリームは庄内特産のだだちゃ豆、庄内柿、羽黒ブルーベリーの3種類を選び、パッケージデザインは同校の美術部などと連携し作製。手書き風のフォントと味ごとのイラストを添えるなど工夫した。

 この日の午後、庄内観光物産館内の特設ブースで販売を開始。プロジェクトに参加した生徒6人とブルーアンバサダーメンバー2人が立ち会い、新商品をPRした。買い物客が商品を購入すると生徒たちは「ありがとうございました!」と笑顔を見せていた。

 庄内スティックの原案者の阿部彩生(さくら)さん(17)と齋藤煌梨(きらり)さん(17)は「庄内柿は甘さを出すのが難しいと製造側から言われ、いろいろ悩んだ。庄内の特産品は何でもおいしいので素材の味をそのまま伝えられるようなスイーツにしたかった」と話していた。

 庄内スティックは1本250円(税込み)。今月22日まで特設コーナーで販売され、23日以降は物産館内の菓子店「みのりや」で購入できる。

羽黒高2年生とANAの客室乗務員が「庄内スティック」をPRした

だだちゃ豆や庄内柿、羽黒ブルーベリーの3つの味が楽しめる「庄内スティック」

関連記事

紀伊民報社

2回目支援で能登へ 梅の郷救助隊

 和歌山県みなべ町の民間災害ボランティア団体「紀州梅の郷救助隊」(尾﨑剛通隊長)のメンバーや町議会議員が29日、能登半島地震の被災地支援に向けて出発した。能登の被災地での救助隊の活動は2回目。今...

帯広農高生が育てた小豆でどら焼き 同窓会が卒業記念に贈呈

 農業高校ならではの思い出の品を-。1日卒業の帯広農業高校(佐藤裕二校長、生徒567人)の3年生185人に2月29日、同窓会の勝農会(中村健一会長)が記念品として、生徒が生産した小豆を使用した「ど...

荘内日報社

元気に帰ってきてね 西荒瀬小日向川へ サケの稚魚放流

 元気でね―。酒田市の西荒瀬小学校(白田克幸校長、児童121人)の全校児童が29日、昨年10月からこれまで大切に育ててきたサケの稚魚約6500匹を学校近くを流れる日向川に放流。児童たちはその姿が見えなくなるま...

宇部日報社

市内高校で卒業式、宇部中央で129人が巣立つ 最初で最後の校歌斉唱【宇部】

 宇部市と山陽小野田市の公・私立高校11校で1日、卒業式が行われた。会場には恩師や保護者からの「おめでとう」があふれ、生徒たちは希望を胸に晴れやかな表情で学びやを巣立った。  宇部中央(河村...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク