全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

猛暑は遠く なりにけり 「立秋」 十勝

帯広野草園に置かれた虫よけ用のうちわに子どもたちは興味津々

 暦の上で秋が始まるとされる「立秋」の7日、十勝地方は雲が広がり、帯広の正午の気温は24.1度と平年(24.3度)並みの過ごしやすい気候となった。帯広は7月22日を最後に最高気温が30度を超える「真夏日」がなく、夏の終わりが近づきつつあるようだ。

 7日正午の気温が管内で最も高かったのは本別の25.4度。帯広市内の野草園には子どもらが訪れ、暑さや虫を避けるため置かれたもみじ柄のうちわに興味を示しながら、過ぎゆく夏の花などを楽しんだ。

 帯広測候所によると、帯広の最高気温は35度を超える「猛暑日」が相次いだ7月中旬までとは異なり、8月に入り平年並みで推移。6日は28.1度と、平年より2度高かった。

 8日以降は台風5号やオホーツク海の高気圧の影響などで曇りや雨が多く、気温も上がらない日が続く見通し。帯広の予想最高気温は8日23度、9日22度。

関連記事

荘内日報社

公益大 黒川能の舞 細部までデジタルデータ化

 鶴岡市の民俗芸能・黒川能(国指定重要無形民俗文化財)の舞の所作をデジタルデータ化して記録保存する東北公益文科大と黒川能保存会の試みが本年度から本格化し17日、同市の黒川能伝習館で行われたデータ収集...

紀伊民報社

「亥」の大絵馬完成 新宮熊野速玉大社

 和歌山県新宮市の世界遺産・熊野速玉大社の上野顯宮司(65)が19日、来年のえとである「亥(い)」の大絵馬を仕上げた。純白の元気なイノシシが、うり坊を見守っている絵。12月1日に拝殿に掲げる。 ...

夜の森で希少種と対面 親子でナイトツアー体験 鹿児島県徳之島

 環境省徳之島自然保護官事務所は17日、鹿児島県徳之島天城町当部の美名田林道で夜の森を歩く体験イベントを開いた。島内から親子連れなど16人が参加。徳之島に生息する希少な動植物の生態を学び、自然保...

奄美市が通訳案内ガイド育成へ 外国人まち歩き観光に対応

 鹿児島県奄美市は名瀬市街地で17日、地域通訳案内士を対象とした「まち歩き観光ガイド」育成講座を開催した。クルーズ船の寄港増などによるインバウンド(訪日外国人)も含め、増加が続く旅行者の「まち歩...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク