全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

達人から昔遊び学ぶ 紙飛行機やけん玉

第2回三世代楽級で、ひねり竹トンボづくりを楽しむ子どもたち=6日午後、真栄里公園

 親子や地域のお年寄りが昔遊びの達人と一緒に物づくりなどを体験して世代間交流を図る第2回三世代楽級(石垣市家庭教育支援チーム主催)が6日午後、真栄里公園であり、150人が参加した。  会場には紙飛行機や、けん玉、草笛、ひねり竹トンボなど17コーナーが設置され、参加者が達人たちに習いながら体験した。  息子の來彪(きあ)君(5)と、おいの上地つむぐ君(10)と一緒に参加した上地亜里沙さん(29)=大川=は「小学校以来していない遊びもあって懐かしい。こういう体験はすごく大事で、子どもたちに知ってもらいたい」と感想。ひねり竹トンボを作ったつむぐ君は「自分でも作ろうと思えば作れると思った。壊れるまで飛ばして遊びたい」と語った。  共催の石垣島昔遊び伝承会の宮良博之会長(79)は「たかが遊び、されど遊び。みんな夢中になる。こういう場に参加して地域の子どもたちを知ることが大事」と強調した。  同楽級は来年3月18日に同公園で予定している第1回石垣島子どもまつりを前に、昔遊びを体験してもらおうと開催。20日午後1時30分からは同公園で、けん玉や竹馬、お手玉など7種目の大会も開かれる。

関連記事

長野日報社

東京修学旅行再開 長野県諏訪市豊田小6年生に同行

 新型コロナウイルス感染症の影響で、ここ数年、長野県外から県内へ行き先が変更されるケースが相次いだ小中高校の修学旅行。感染状況が全国的に下火になっていることを受け、諏訪地域の学校では行き先を県...

紀伊民報社

大学生が3年ぶり「海の家」オープン

 和歌山県田辺市の田辺扇ケ浜海水浴場で、関西大学の学生が「海の家」を運営する。新型コロナウイルス禍で休止していたため、3年ぶり。7月9日のオープンに向け、準備を進めている。  関西大は市と地域活...

荘内日報社

「万里の松原に親しむ会」農水大臣賞

 全国森林レクリエーション協会(東京都、三浦雄一郎会長)が制定する本年度の「森林レクリエーション地域美しの森づくり活動コンクール」で、酒田市の環境保全ボランティア団体「万里の松原に親しむ会」(三浦...

大樹の「宇宙観光」連携 日本旅行と町、スペースコタン

 日本旅行(東京)、大樹町、SPACECOTAN(スペースコタン、同町)の3者は7月、宇宙のまちづくりをテーマにパートナーシップ協定を締結する。日本旅行のノウハウを生かし「宇宙観光」を振興する。7...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク