全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

泥しぶき上げ熱戦 べとリンピック

楕円形のボールを抱え、泥しぶきを上げながら田んぼの中を駆け回る児童たち

 田んぼの中でさまざまな競技や遊びを楽しむ「べとリンピック2017」(上伊那スポーツ振興協議会主催)が6日、南箕輪村田畑の休耕田であった。バレーボールや田んぼフラッグなどの種目に、子どもから大人まで約40人の選手が出場。“泥しぶき”を上げながら熱戦を展開した。

 小学生対象の「子ども泥ん子遊び」では、フラッグフットボールやタグラグビーに似た新種目も登場した。児童たちは2チームに分かれ、楕円形のボールを抱えて田んぼの中へ。3人の大人にタッチされないよう全身泥だらけにして駆け回り、反対側のあぜを目指した。

 南箕輪小学校4年の小林賢太朗君(9)は「泥の中だったけれど(大人を)うまく交わすことができました」と満足そう。大人たちは「足腰にきます」と感想を話し、“へとへと”にもなっていた。

 NPO法人南箕輪わくわくクラブが主管する夏の恒例イベント。「べとバレー」には5チームが出場した。保護者や住民らが詰め掛けて応援の声や笑い声を上げていた。

関連記事

荘内日報社

10月スタート新潟県・庄内エリアプレDC 庄内の魅力国内外へ発信

 大型観光誘客事業「新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)」のプレDC(10―12月)に向けたキックオフ会議が21日、鶴岡市のマリカ市民ホールで開かれた。庄内地域全体や各市町で計73の観光...

宇部日報社

参道にヒガンバナ4万本

 山口市上小鯖の鰐鳴八幡宮(古屋倫史宮司)で、曼殊沙華(まんじゅしゃげ)とも呼ばれるヒガンバナが見頃を迎え、訪れた人の目を楽しませている。約200メートルの参道の両側に4万本ものヒガンバナが群生...

新小麦の恵み パン掲げ乾杯 ヌーヴォまつり 帯広

 今年収穫した新小麦で作ったパンを味わう「とかち小麦ヌーヴォー2018解禁まつり」が22日、帯広市内のとかちむら(帯広競馬場内)で開かれた。新麦パンを掲げて“乾杯”する恒例の場面では、雨にもかか...

長野日報社

幸せの「高遠ダムパフェ」味わって 11月末まで限定提供

 伊那市は21日、高遠ダムを模したデザート「高遠ダムパフェ」を発表した。ダム湖に面した高遠さくらホテル(同市高遠町)と共同開発。信州の秋の味覚を代表するリンゴをふんだんに使い、ダム本体をジュレ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク