全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

泥しぶき上げ熱戦 べとリンピック

楕円形のボールを抱え、泥しぶきを上げながら田んぼの中を駆け回る児童たち

 田んぼの中でさまざまな競技や遊びを楽しむ「べとリンピック2017」(上伊那スポーツ振興協議会主催)が6日、南箕輪村田畑の休耕田であった。バレーボールや田んぼフラッグなどの種目に、子どもから大人まで約40人の選手が出場。“泥しぶき”を上げながら熱戦を展開した。

 小学生対象の「子ども泥ん子遊び」では、フラッグフットボールやタグラグビーに似た新種目も登場した。児童たちは2チームに分かれ、楕円形のボールを抱えて田んぼの中へ。3人の大人にタッチされないよう全身泥だらけにして駆け回り、反対側のあぜを目指した。

 南箕輪小学校4年の小林賢太朗君(9)は「泥の中だったけれど(大人を)うまく交わすことができました」と満足そう。大人たちは「足腰にきます」と感想を話し、“へとへと”にもなっていた。

 NPO法人南箕輪わくわくクラブが主管する夏の恒例イベント。「べとバレー」には5チームが出場した。保護者や住民らが詰め掛けて応援の声や笑い声を上げていた。

関連記事

荘内日報社

ナツメヤシ使い菓子開発

 アラブ首長国連邦(UAE)から来日しているUAE大学農学系の学生らが、鶴岡市覚岸寺の菓子製造販売「木村屋」(吉野隆一社長)の工場内で、中東特産のデーツ(ナツメヤシの実)を使ったオリジナル菓子の開...

紀伊民報社

印南町の教育旅行 海外からの受け入れ増

 和歌山県印南町の教育旅行誘致協議会「いなみかえるの宿」(辻井修会長)は2018年度、国内外から348人の子どもたちを教育旅行で受け入れた。今後も取り組みを進めるため、ホストファミリーを募集して...

宇部日報社

フードバンク事業スタート

 宇部市とNPO法人フードバンク山口は16日から、まだ食べられるのに処分されてしまう食品を回収するポストを市内5カ所に設置し、フードバンク事業を開始した。食品ロスを削減するとともに、児童施設や子...

限定の特大シジミ 大樹・生花苗沼で一日だけの漁

 大樹町内の生花苗沼(オイカマナイトー)で17日、1年に1日だけのヤマトシジミ漁が行われた。漁業者は、殻長が5センチ以上になる特大サイズのシジミを、泥の中から懸命に手で掘り出していた。  大樹...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク