全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

山雅講師と“真剣勝負” 長野日報サッカー教室

 長野日報社は5日、J2松本山雅FCのスタッフ4人を講師に招いたサッカー教室(諏訪市教育委員会共催)を諏訪市の諏訪湖ヨットハーバーグラウンドで開いた。諏訪地方を中心に園児、小学生約70人が参加。昨季まで現役選手として活躍した鐡戸裕史さん(現アンバサダー)らの指導の下、元気いっぱいにサッカーを楽しんだ。

 長野日報社は5日、J2松本山雅FCのスタッフ4人を講師に招いたサッカー教室(諏訪市教育委員会共催)を諏訪市の諏訪湖ヨットハーバーグラウンドで開いた。諏訪地方を中心に園児、小学生約70人が参加。昨季まで現役選手として活躍した鐡戸裕史さん(現アンバサダー)らの指導の下、元気いっぱいにサッカーを楽しんだ。

 講師は鐡戸さんのほかいずれも元選手の小林陽介さん、片山真人さん(ともにホームタウン担当)と松本山雅運営会社の神田文之社長の計4人。プロ仕込みの練習方法や心構えを直接指導した。

 子どもたちはウオーミングアップで体をほぐした後、年齢ごと三つのグループに分かれてのミニゲームなどで汗を流した。最後はグループごとに講師4人のチームと対戦。保護者らの熱い声援を受けながら、球際で激しい競り合いを見せるなど、トップチーム顔負けの“真剣勝負”を繰り広げた。

 長野地方気象台によると、この日の諏訪市の気温は、教室開始時刻の午前9時の段階で26・9度。子どもたちは小まめに水分補給をしながら、真夏の日差しが照りつける炎天下のグラウンドを駆け回った。諏訪市城南小3年の湯田坂世南君(9)は山雅スクール諏訪校で普段から鍛えているといい、「最後の試合はスタッフがすごく強くて、あのぐらいできるようになりたいと思った。きょう習ったことを頑張って将来は山雅でプレーしたい」と目を輝かせていた。

関連記事

北羽新報社

3年ぶり能代山本の実年の球宴 「400歳野球大会」開幕

 第80回400歳野球大会(北羽新報社主催)は25日、能代市の赤沼球場、八峰町の峰浜野球場で開幕した。コロナ禍で2年延期され3年ぶりの開催となり、前回より10チーム少ない42チームがエントリーし、実年球児...

長野日報社

2年ぶり感謝の熱演 長野県中川村で人形浄瑠璃公演

 長野県中川村の中川人形保存会と村公民館は19日、第9回「中川人形浄瑠璃定期公演」を中川文化センターで開いた。演目は「三番叟」と「傾城阿波鳴門~順礼歌の段」を上演。会場に集まった約70人の観客を前...

北羽新報社

藤里町で3年ぶり「ブナの森マラソン」 白神山地の麓で健脚競う

 藤里町内の森林基幹道米代線(米代フォレストライン)を走る「第9回ブナの森マラソン」は19日行われ、県内外のランナー223人が緑深まる世界自然遺産白神山地の麓で健脚を競った。新型コロナウイルスの影響で3...

オビヒロホコテン3年ぶり活気 バトン、はしごで幕開け

 コロナ禍の影響で3年ぶりの開催となった帯広まちなか歩行者天国(オビヒロホコテン、実行委主催)は19日、帯広市内の平原通(西2条通)や広小路を舞台に開幕した。正午現在、帯広の気温は24.1度ま...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク