全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

市民の声を直接市議会に

市民と田原市議会による意見交換会=渥美文化会館で

 田原市議会は市民と議会が考えを交わす場として4日夜、田原文化会館、赤羽根市民館、渥美文化会館の3会場で意見交換会を同時開催した。「開かれた議会」を目指した広聴活動の一環で、従来の議員報告会とは異なり、市民側に意見や思いなどを聞く格好とした。  テーマは「人口減少する中でのまちづくり」。常任委員会が分かれるように、各会場に議員6人ずつ、全議員が参加。会では旧3町別で見える人口減少の推移と現状、人口変動が地域に与える影響などの説明に続き、両者同士が混ざって語り合った。  市内で人口減少が顕著な渥美地区の会場には40代からお年寄りまでの市民10人(男女)が参加。議員側は仲谷政弘、太田由紀夫、廣中清介、小川貴夫、彦坂久伸、古川美栄の6氏が出席した。  一次産業を営む参加者からは「農業や水産業に関わる担当部署には、自分たちの事業や取組みをリードしてくれるような専門的知識や経験値のある職員を継続的に置いてほしい」「しっかりと商売が成り立つように景気を良くしてほしい」など、生活に直結する仕事面での意見が相次いだ。  一方、主婦陣からは「田原のいいところ、魅力ある田舎を伝えながら、地元愛を育んでいく必要がある」「自然を生かした施設があると子育ても楽しい」「魅力的な地域になれば、子どもたちは大人になっても戻ってきたいと思うし、留まるはず」と親目線の考えを述べた。  人口減少に関しては「頑張って取り組んで成果を挙げている自治体はいくらでもある。行政がやるかやらないか。議員の行政への働きかけも重要」「まちづくりは行政ばかりに頼ってはだめ」と、行政と市民の意識を指摘するような声もあった。  その他、雇用面では「選べる仕事が限られている」「儲かる環境があって、安定的な収入が得られなければ産める子どもも増えない」など切実な意見も出た。  議会事務局によると、渥美会場を除く市民の参加人数は最も人口が多い地域の田原会場が2人、人口規模が最も小さい赤羽根会場が18人だった。

関連記事

紀伊民報社

ビーチラグビー開幕 44チームが熱戦

 和歌山県白浜町の白良浜海水浴場で25日、第25回ビーチラグビー白浜大会(実行委員会など主催)が開幕した。新型コロナの影響で中止していたため、3年ぶりの開催となる。10都府県から3部門に計44チ...

荘内日報社

創立60周年節目祝う 羽黒学園 羽黒高校

 鶴岡市の羽黒高校(加藤和司校長、生徒766人)で23日、同校の創立60周年記念式典が行われ、在校生や教職員などが節目の年を祝った。  同校は1962(昭和37)年に羽黒工業高校として創立。89(平成元)年に...

「感じる」企画 祭典彩る ガーデンフェスタ北海道、来月24日まで 苫小牧で..

第39回全国都市緑化北海道フェア(ガーデンフェスタ北海道2022)が開幕した25日、苫小牧市の協賛会場である出光カルチャーパーク(末広町)でオープニングセレモニーが行われた。7月24日までの期間中...

インバウンドは「店長」におまかせ ハニフさん着任 道の駅うらほろ

 道の駅うらほろ(浦幌町北町16、国道38号沿い)に4月から、マレーシア人のイザハ・ハニフさん(28)が「店長」として勤務している。指定管理者の道の駅うらほろ直売会によると、2009年の開業以来、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク