全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

帯広の佐々木さん連覇 とかちスイーツコンテスト

ジャガイモと小豆を使ったスイーツを手に、2年連続の最優秀賞受賞を喜ぶ佐々木さん

 十勝産食材を使ったスイーツを考案する「とかちスイーツコンテスト」(帯広市主催)の最終審査が4日、市内のとかちプラザで開かれ、市内のパート職員佐々木夏菜子さん(36)が昨年に続き最優秀賞に輝いた。佐々木さん考案のジャガイモと小豆を使ったスイーツは、9月2、3の両日にJR帯広駅周辺で開かれる食のイベント「とかちマルシェ」で限定販売される。

 今年で3回目。明確なテーマを設けず“十勝らしさ”に重点を置いて募集し、前回より8組多い22組の応募があった。

 最終審査には書類選考を通過した9組(うち1組は辞退)が臨み、各自がそれぞれの作品を持ち寄って工夫した点などをアピール。市内のパティシエら審査員5人が試食し、味、食材、外観、十勝らしさ、商品化のしやすさを基準に採点した。

 佐々木さんの作品「ジャガ imo ポフィネ」は、芽室産のジャガイモ(キタアカリ)と音更産の小豆をふんだんに使った3層のスイーツ。作品名にあるポフィネはフランス語で入念に仕上げるという意味があり、「ジャガイモのザラザラ感が出ないよう、ジャガイモの配合量に気を配った」(佐々木さん)という。

 とかちマルシェでは単品で1日に200個(1個500円)限定販売される予定で、佐々木さんも「野菜を使ってこれだけおいしいスイーツができることに驚きを感じてほしい」とPR。将来は手作りのスイーツなどを扱うカフェを構えることも夢見ている。

 優秀賞には市内の主婦梶恵美さん(39)の「黒豆プリン~しょうゆメープルソース~」と、帯広大谷短大2年の高橋めぐみさん(40)の「大地の苺ショート」、新設の審査員賞5作品が選ばれた。審査委員長を務めた織田武司さん=Cake&Cafe ATIROオーナー=は「第1回から審査員を務めているが、徐々にレベルが高くなっている」と講評した。

 最終審査の結果は近日、市のホームページで公表する。表彰式は9月2日正午、とかちマルシェの会場で行われる。

関連記事

大樹の「宇宙観光」連携 日本旅行と町、スペースコタン

 日本旅行(東京)、大樹町、SPACECOTAN(スペースコタン、同町)の3者は7月、宇宙のまちづくりをテーマにパートナーシップ協定を締結する。日本旅行のノウハウを生かし「宇宙観光」を振興する。7...

北羽新報社

甘くみずみずしく 能代市で「白神きゃべつ」収穫盛ん

 能代市で、初夏取りキャベツの収穫が行われている。JAあきた白神によると「今年は玉のそろいが良く、収穫は順調に進んでいる」といい、現在は作業が終盤。各地の農家が梅雨空の中で汗を流している。新たに...

宇部日報社

厚狭秋まつりで披露されている古式行事を体験する会

 山陽小野田市の無形民俗文化財で、厚狭秋まつり(11月)で披露されている古式行事を体験する会が25日、厚狭地区複合施設体育館で開かれた。厚狭小の放課後子ども教室の1~6年生24人が参加。独特の踊...

長野日報社

養蚕 高品質な繭へ「上蔟」作業 長野県岡谷市

養蚕や桑栽培に取り組む長野県岡谷市川岸上の三沢区民農園は27日、飼育してきた春蚕4万頭の上蔟を同農園の蚕室で行った。十分に成熟して繭糸を吐き出すタイミングになった蚕を、繭を作らせるための蔟に移...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク