全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

そらの中札内スパ建設CF 目標1億円達成 部門別最高額に

 地方創生ベンチャー・そら(帯広市、米田健史社長)は30日、中札内村に7月開設した温浴施設「十勝エアポートスパ・そら」建設のため進めてきた村のふるさと納税型クラウドファンディング(CF)を活用した応援プロジェクトで、目標としていた1億円の寄付金額を期限内に達成した。現時点で十勝を含め全国の3000人以上が支援(寄付)している。

返礼品の一つ、高級ラグジュアリーコテージの寝室(そら提供)

 掲載しているのは、納税サイト「ふるさとチョイス」。そらによると、達成は30日午前9時28分。1億円は同サイトの部門別(新産業・地方創生)で最高額。

 スパは、そらグループのグランピングリゾート・フェーリエンドルフ内に建設。周辺の森林景観を生かした設計で、本格サウナのほか、同じグループ化したふく井ホテルの源泉湯を活用した露天風呂などを整備。事業費約7億円で、7月23日にオープンした。

 プロジェクトは4月26日から12月末まで。29日に不動産大手のオープンハウスグループ(東京)の荒井正昭社長が個人で2000万円を支援するなどし、30日午前時点で支援者は3000人を超え、現在も伸びている。返礼品は自社も含め、村内事業者の商品が中心。寄付は5000円から、人気は肉やスイーツ関係だが、フェーリエンドルフの最高級コテージ2泊3日(60万円)も需要が高かったとする。

 そらは村の同CFを活用し、前年にも冷燻(れいくん)工房建設で目標5000万円を達成している。米田社長は「村や十勝を知って来てほしい-などの強い思いで取り組んだ事業。支援者や村、事業者の皆さんに感謝」と喜ぶ。森田匡彦村長は「村にとって貴重な観光資源。そらは藤丸再建も担い、十勝全体を元気づけようと活動している。今成功で弾みがつけば」と話している。

関連記事

宇部日報社

市長賞に花園自治会、春の花壇コンクール、特別賞や最優秀賞決まる【宇部】

 宇部市春の花壇コンクールの受賞団体が決まり、最高賞の市長賞には東岐波の国道190号沿いの花壇を彩った花園自治会(伊藤昌洋会長)が輝いた。市、市ガーデンシティ緑化運動推進委員会(会長・篠﨑圭二市...

紀伊民報社

南高梅が不作 平年の3割弱 梅の着果調査

 JAや日高振興局などでつくる「日高果樹技術者協議会」は19日、和歌山県の御坊・日高の4市町で実施した本年産南高梅の着果調査結果を発表した。主産地であるみなべ町と印南町の着果数は、過去10年平均...

苫小牧市ロゴマーク制定記念 22日に切手シート発売

日本郵便北海道支社は22日から、苫小牧市のロゴマーク制定を記念したオリジナルフレーム切手の販売を始める。84円切手10枚から成るシートで1枚は市のロゴマーク、残り9枚はとまチョップが樽前山山頂に登...

荘内日報社

龍神様とご縁を結ぶ 善寳寺 「辰歳御縁年記念企画」始まる

 鶴岡市下川の龍澤山善寳寺で12年に1度の「辰歳(たつどし)御縁年記念企画」が始まった。本堂で祈祷を受けた後、奥の院・龍王殿を拝観し「龍神様」とご縁を結ぶ。このほか国の重要文化財に指定されている絵画「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク