全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

洋上風力建設拠点へ 能代港埠頭拡張工事、護岸の姿徐々に

新たな埠頭を囲う護岸が姿を現してきた能代港

 洋上風力発電の建設拠点となる能代港で、埋め立てて拡張する埠頭(ふとう)の護岸が姿を現してきた。起重機船で大量の捨て石を海に投入して、新たな埠頭となる外周に堤を造っている。県が総事業費60億円を投じて6年度の完成を目指す。国が再エネ海域利用法に基づき、洋上風力の整備促進区域に指定した能代市・三種町・男鹿市沖では、三菱商事(東京)の企業連合が8年度に着工する予定で、機能強化された同港を洋上風車の建設などで活用することになる。

 港湾を管理する県によると、能代港大森地区の4万㌧岸壁南側の海面(水深約5㍍)を埋め立てて、10・4㌶を新たな埠頭用地とする。既存の9・4㌶と合わせた19・8㌶を風車の羽根(ブレード)や柱(タワー)、ナセル(発電機)など巨大な資機材の搬出入や保管、組み立てのスペースとして活用する。2年2月施行の同港の港湾計画改訂版に基づき事業化した。
 増設工事では、西側275㍍、南側377㍍の外周護岸をL字型に囲むようにして築造し、内側に土砂を投入して新たな埠頭用地として整備する。西側に鋼管矢板を設置し、南側に捨て石を投入して周りを囲む。東側にある既設の消波ブロックは隣接地に移設して消波機能を補強する。埋め立て用の土砂は80万立方㍍を見込み、国や県が港湾内で実施している浚渫(しゅんせつ)の土砂や港湾区域の工業用地に仮置きされている浚渫残土を活用する。
 鋼管矢板は最大で長さが28・5㍍、直径が1㍍あり、計354本打ち込む。護岸用の捨て石は男鹿市原産で、1個当たり30~200㌔の石を計4万8千立方㍍投じる。捨て石の整備は大森建設(能代市)と伊藤羽州建設(大館市)、鋼管矢板の設置は伊藤栄建設(八峰町)と中田建設(秋田市)がそれぞれ2工区で分けて施工している。
 岸壁に運んだ捨て石をクレーンから伸びたバケットを使って台船に積み込み、海中に次々と投入。捨て石を傾斜させて積み上げ、高さ約8㍍の堤に仕上げていく。国が来年度から実施する土砂の投入に備え、中央部分に「中仕切り堤」を仮設する工事も進めている。事業全体の進捗(しんちょく)率は約30%。
 埋め立て工事に伴い、国際船舶(外国船)が寄港する埠頭になるため、ソーラス条約に基づきフェンスを設置し立ち入り禁止の措置を講じる。県が所有する消波構造物で大森地区埠頭に隣接する「はまなす画廊」は、全長1・2㌔の4分の1に当たる約300㍍を来年度以降に撤去する方針を決めており、市と協議を進めている。
 県の埋め立て工事は5年度に護岸工と土砂を埋め立てる造成工事を行い、6年度の完成を目指す。同時進行で国が実施している埠頭の地耐力強化工事は5年度に完成する予定。三菱商事の企業連合は8年度から能代港を活用する計画で、7年度は埠頭にある貨物の移設や荷役で使うエリアの変更などを行う見込みだ。
 県能代港湾事務所の佐藤出所長は「洋上風力事業が進む能代港は視察が増えており、全国的に注目されている。これから一般海域の事業も始まるので、6年度の完成に向け着実に工事を進めたい」と話している。

関連記事

紀伊民報社

熊野本宮大社で合気道演武 植芝道場長の講習も

 和歌山県田辺市本宮町の世界遺産・熊野本宮大社の旧社地「大斎原(おおゆのはら)」で20、21日、「合気道国際奉納演武」があった。  同市出身で合気道の開祖・植芝盛平のひ孫に当たる合気道本部道場...

長野日報社

原村でじっくりボードゲームを 1日1組限定のリゾート

ボードゲームに没頭するリゾート施設「GAW(ガウ)」が、5月1日に原村原山にオープンする。都内の音楽制作会社が手掛ける新事業。アナログゲームマスターのあだちちひろさんが依頼者の思いに沿った最...

帯広信用金庫の防犯講座人気 詐欺事例、寸劇交え

 十勝管内でも特殊詐欺事件が相次ぐ中、帯広信用金庫(高橋常夫理事長)は、被害防止のための出前講座を続けている。具体的手口を寸劇を交えるなどして分かりやすく紹介、社会貢献事業として無料で行ってお...

荘内日報社

外国人観光客とおもてなし交流 酒田港 泉小児童 日本の遊び紹介

 外航クルーズ船「ウエステルダム」(オランダ船籍、8万2862総トン)の酒田港寄港に合わせ22日、酒田市の泉小学校の4年生42人が同港古湊埠頭(ふとう)に降り立った外国人観光客らに日本の遊びを紹介するなど交...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク