全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

安全な冬山登山を 中ア遭対協が相談所開設 長野県

菅の台バスセンターでバスを待つ登山者に登山届の提出を呼び掛ける相談員

 中央アルプス地区山岳遭難防止対策協会(遭対協)は29日、長野県駒ケ根市の菅の台バスセンター付近に登山相談所を開設した。相談員が午前7時30分から同10時まで常駐。登山計画や装備などの相談に乗るほか、登山届の提出など安全な冬山登山を呼び掛けている。開設期間は来年1月3日まで。

 相談所は年末年始休暇が始まり、冬山を楽しむ登山者の入山が本格化した時期に開く。相談員の伊藤勝さん(72)は「第一に装備。必ず使ったことのある物を持っていくことが大切」とする。「中央アルプス駒ケ岳ロープウェイ」のしらび平駅に向かうバスを待つ登山者に対し、装備が十分であるかを確認している。

 冬山は雪崩に巻き込まれて命を落とす事故に遭う危険があり、「雪崩の発生は天候に左右される。事前に天気図を見るなど天候を十分に把握しておくことが必要」。遭難対策として食料や十分な装備、登山計画書の提出、冬山登山経験者の同伴なども呼び掛ける。計画書はインターネットや中ア千畳敷にあるホテル千畳敷でも出せる。

 ロープウェーを運行する中央アルプス観光(同市)によると、「ネットの普及で冬山の情報が入りやすくなり、ここ5、6年は冬山登山を楽しむ人が増えている」という。「年末にかけて登山者が増える」とし、十分な装備を備えた上で登るように呼び掛けている。

関連記事

紀伊民報社

みこし担いで海へ 熊野神社の潮掛け神事

 地元で「お熊野さん」として親しまれている和歌山県白浜町才野の熊野神社で13、14日、例大祭が営まれた。コロナ禍の影響で規模を縮小していたため、通常通り営むのは5年ぶり。地域をみこしが練り歩き、...

ウトナイ湖の春満喫 野鳥観察会に70人 苫小牧

苫小牧市植苗のウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターと日本野鳥の会苫小牧支部は13日、同湖畔で「春のウトナイ湖野鳥観察会」を開いた。市内外から約70人が参加し、湖畔の豊かな自然に触れた。 ...

荘内日報社

「ばんけせんべい」完成 オリジナル米菓販売スタート 公益大生×酒田米菓×メカ..

 東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)の学生たちが、菓子製造・酒田米菓(同市両羽町、佐藤栄司社長)、環境設備・装置製造などのメカニック(同市砂越、佐藤優社長)と共に取り組んだオリジナル米菓「ば...

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク