全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

城下町のシンボル・市民の憩いの場「鶴岡公園」 新たな整備の在り方探り意見交換

鶴岡公園の整備の在り方について意見を出し合った懇談会のワークショップ

 鶴岡市の鶴岡公園環境整備懇談会が3日、市職員研修会館で開かれ、同公園の今後の整備の在り方について関係者が意見交換した。市は同公園の整備基本計画の変更に向け、同懇談会など多方面から意見を聞き、本年度内をめどに整備方針を取りまとめ、来年度には実施設計を策定する考え。

 城跡として城下町のシンボルであり、市民の憩いの場となっている鶴岡公園の整備については、旧鶴岡市が1965(昭和40)年に基本計画を策定し、時代に合わせて見直すとともに、計画に沿った整備を行ってきた。

 同公園と鶴岡市役所の間の県道の拡幅事業が計画されている。市はこれに合わせ、猿舎や禽舎などを解体、撤去した跡地の正面広場や、鶴岡南高、鶴岡工業高前の堀端の公園周辺道路の整備を中心に新たな整備方針をまとめることにした。

 整備計画を協議する懇談会は地元の文化財や観光、まちづくり団体の関係者、近隣町内会、樹木医、学識経験者ら委員14人で構成。市と早稲田大総合研究機構とのまちづくりに関する協定締結を基に、同大研究院の佐藤滋教授らが加わり、整備計画づくりを支援する。

 この日は新メンバーによる初会合となり、会長に野堀嘉裕山形大名誉教授、副会長に酒井忠久致道博物館長と齋藤善二馬場町内会長を選出。2班に分かれ、鶴岡公園内と周辺を歩いて現状を確認した後、公園整備の在り方をテーマにワークショップ形式で意見を出し合った。

 中心課題の正面広場については、大手門の再建やバラ公園を廃止した上での一般車両用駐車場の整備など、高校前道路の整備では無電線化やカラー舗装などによる歩道と車道の区別化などの意見が出された。

 また、公園全体に関して「観光客の視点による案内板が不足している」「大寶館は鶴岡のランドマーク。公園内の休憩、飲食施設として活用してカフェを開設する」「土塁など歴史を伝える遺構を見えやすくする」「桜の公園として樹木を整理する」「親子連れが遊べる遊具を設ける」といった意見も出された。

 市は今年10月までに整備方針案を市民に提示し、一般参加も含めた意見交換を行うなどして来年1月までに整備計画案を取りまとめる。

関連記事

紀伊民報社

「おもちゃ病院」高校生が修理

 和歌山県田辺市あけぼの、田辺工業高校電気電子科3年の生徒が、「おもちゃ病院」に持ち込まれたおもちゃの修理に取り組んでいる。生徒らは「子どもたちにとって、おもちゃは大切な物。直して喜んでもらいた...

スモークウッド「燻助」好評 各方面から注目 厚真町の森林再生にも貢献 イ..

苫小牧市晴海町の総合木材業イワクラが今春発売した薫製用のスモークウッド「燻助(くんすけ)」が各方面から注目を集めている。販売を始めた4月以降、アウトドア愛好家のほか、薫製商品の開発に取り組む道内の...

荘内日報社

全日本おかあさんコーラス東北 総合1位 酒田 コールShion 6年ぶり全国大..

 6月12日に山形市で行われた第45回全日本おかあさんコーラス東北支部大会で、酒田市の女声合唱団「コールShion」(加藤千鶴代表、団員30人)が総合1位に輝き、6年ぶりとなる全国大会(今年8月)の切符を手...

紙のドレス 国際コンで優勝 帯広の現代アート作家加藤さん

 現代アート作家の加藤かおりさん(帯広)が、豪州・タスマニアで開かれた国際的なペーパーアートのコンテスト「Paper on Skin 2022」で優勝した。ほぼ紙のみで作られた、赤色のドレスと青色...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク