全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

青年らの思い出づくりを支援 幕別・NPO法人スマイルリング

 生きづらさを抱えた青少年らの居場所づくりに取り組むNPO法人「スマイルリング」(幕別町、堀田豊稔代表)は、成人式の前撮りサポートなど、地域住民の協力を得ながら青少年らの「思い出づくり」に力を入れている。同団体の役員は「青少年の役に立ちたいと思ってくれる人が増えている。社会や大人にとっても意味のあることだと思う」と語る。

すしを振る舞う桑添さん(右)と協力者の長岡さん(左)、森泰文さん(中央)

成人式前撮り 誕生日のおすし
 同団体は、帯広市内に一軒家「スマイルリングホーム」を構える。児童養護施設出身者や少年院を出院した青年を受け入れ、衣食住をサポートしている。

 記念撮影の支援は2018年からスタート。自身も少年院で過ごした過去を持つ堀田代表は、院内で成人を迎えた。

 同団体の活動で青少年らと触れ合う中で「金銭的な余裕など、さまざまな事情を抱えて振り袖を着るのを諦めている子もいるのでは」と思ったのがきっかけという。

 全国各地で実施していたが、十勝では協力者の確保に苦労した時期があった。そんな中、出張理美容サービス「VESS」(帯広市)を運営する長岡行子さん、ボランティアカメラマンの田村信貴さん(同)らの協力を得て、10月には市内の「旧双葉幼稚園園舎」で児童養護施設出身の青年の前撮り撮影がかなった。このほか、ウエディングフォトや家族写真の撮影なども実現した。

 記念撮影以外の場面でも、青年らを応援する人が増えている。11月18日には、スマイルリングホームで極楽寿司(新得)のマスター桑添達也さんらがボランティアですしを提供。誕生日を迎えた青年らを祝った。

 同団体の野々村千晶理事は「青年の喜ぶ顔が見たいという真心で振る舞っていただいた。食料のお裾分けなどをしてくれる人も多く、本当にうれしく思う」と感謝を述べた。

関連記事

苫小牧 三星 カナダ産ハスカップ初輸入 道産品年々減少安定供給へ

苫小牧市糸井のパン菓子製造・三星は、良質なハスカップを安定して確保しようと、カナダ産を初めて輸入した。果実不足で販売を休止した商品の復刻や、新商品の開発に活用する方針で、「よいとまけ」などの看板商...

荘内日報社

200人力合わせ飛島をきれいに

 本県唯一の離島・飛島の自然豊かな環境を守ることを目的とした清掃活動「飛島クリーンアップ作戦」が25日、島内の荒崎海岸一帯で行われ、酒田市内外から参加したボランティア有志や島民計約200人が散乱した漂着...

クマ用スプレー貸し出します 高額、飛行機持ち込み不可…不便多く 帯広

 大雪山系の豊かな自然と十勝に魅せられた東京都の会社員白岩慎隆(のりたか)さん(51)が、登山者向けにクマ撃退スプレーのレンタル事業を始める。スプレーの飛行機持ち込みに制限があることなど自身の感じ...

宇部日報社

住吉まつりに3万人 47団体が踊りや太鼓で盛り上げ【山陽小野田】

 第13回「復活!住吉まつり」は26日、山陽小野田市東住吉町の住吉神社をメイン会場に開かれた。青天の下、恒例のパレードやステージイベントに加えて周辺施設でも多彩なイベントが行われ、約3万人(...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク