全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

「ホテイアツモリソウ」自生地でハエ食害 対策強化へ 長野県富士見町

人工培養苗の販売。2年目の今年は延べ336人が購入した=6月中旬、富士見パノラマリゾート

長野県富士見町内の釜無ホテイアツモリソウ自生地で近年、ハエによる種子の食害が散発していることが分かった。ハエの種類は鑑定中だが、ラン科植物に寄生するランミモグリバエとみられ、全国的に野生ランの被害が深刻化する。希少種の保全再生に取り組む町アツモリソウ再生会議は、個体数の減少につながりかねないとして対策の強化に乗り出す考えだ。

神戸大学などの研究チームによると、ランミモグリバエは体長3ミリほどで、ランの果実に産卵し、ふ化した幼虫は種子を食べて成長する。羽化の際にさや(果実)を食い破って出ていくが、再生会議によると、町内の自生地でも数年前から、穴の空いたさやが見られるようになった。

26日に役場で開いた再生会議の総会で報告し、早急に対策を講じることを決めた。防除は農薬散布と開花直後の株への袋がけが主だが、自生地に農薬はまけず、来年の開花期に袋がけの対策を実施する方針を確認。年度内には環境省に必要な許可を申請する。

再生会議は町と識者、富士見高校、食品メーカー・ニチレイなどで構成。総会では今年の自生状況や巡視、監視活動の報告もあった。2年目となる人工培養苗の販売は6月中旬から7月上旬まで富士見パノラマリゾートで行い、延べ336人が購入。売り上げは約340万円だった。収益は自生地の保護や啓発活動に用いるため、「苗販売が活動の延長線上にあることをさらにPRしたい」とした。

中山洋会長は、大雨と斜面崩落による株の消失など異常気象の影響も危惧し、「課題は山積しているが、(保全再生へ)地道に一歩一歩進んでいきたい」と話した。

関連記事

釧路新聞社

阿寒湖のマリモ 25年度以降保全対策を試行【釧路市】

 国の特別天然記念物「阿寒湖のマリモ」の保護と普及啓発、湖の環境保全や適正利用に取り組む官民団体「阿寒湖のマリモ保全推進委員会」(小林道之会長)は21日、釧路市の阿寒湖まりむ館で2024年度総会を...

釧路新聞社

タンチョウのひな2年ぶり誕生 動物園ですくすく【釧路市】

 釧路市動物園(鈴木貴博園長)は21日、タンチョウのひな1羽が生まれたと発表した。同園での繁殖は2022年以来2年ぶり。  父親のコウ(13年か14年生まれ)と母親のアミ(16年生まれ)が4月9...

長野日報社

長野県飯島町の「wave」が稲作の実証実験 ドローンで直播栽培

 長野県飯島町で農業用ドローンの販売から作業メンテナンスを手掛けるシステム開発の「wave」は、小型無人機ドローンを使った稲作の実証実験に取り組んでいる。同町岩間にある同社隣接の水田で、鉄コーティ...

紀伊民報社

印南で小玉スイカ収穫 甘くてシャリシャリ

 JA紀州(本所・和歌山県御坊市)管内で、夏の風物詩となっている小玉スイカが収穫されている。生産が盛んな印南町では7月末まで、農家が丹精込めて育てたスイカの収穫が続く。  小玉スイカは皮が薄く...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク