全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

奄美群島日本復帰から69年 奄美市で記念の日のつどい 復帰運動の記憶継承へ

出席者が献花し、復帰運動を後世に伝えていく決意を新たにした「日本復帰記念の日のつどい」=25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センター

 鹿児島県の奄美群島が戦後の米軍統治下から日本に復帰して69年を迎えた25日、奄美市名瀬の市民交流センターで「日本復帰記念の日のつどい」があった。小・中学生を含む市民ら約160人が出席。市内の児童生徒を代表して金久中2年生の吉村龍馬さんが「国民としての権利と自由を求めて無血の民族運動を展開した先人たちの歴史を、一人でも多くの人に伝えていきたい。きょう参加した人も、これからは伝える側になってほしい」などと述べ、式典参加者も復帰運動の歴史継承への誓いを新たにした。

 奄美群島は終戦後に日本から行政分離され、約8年間米軍に統治された。署名活動や断食祈願など群島一丸となった復帰運動によって、1953(昭和28)年12月25日に日本復帰が実現した。旧名瀬市議会は96年に同日を「日本復帰記念の日」に制定。毎年、行政と民間が一緒になって復帰運動の伝承を目的とした式典を開催している。

 司会進行は名瀬中2年生の麓結吾さんが務めた。献花に続き、安田壮平市長が「私たちは歴史を継承し、平和な暮らしがいかにありがたいものかを伝える責務がある。先人が団結して日本復帰を果たしたように、奄美の課題解決と発展に全力で取り組んでいく」とあいさつ。

 生徒代表の吉村さんは、小学生の時に初めて参加した「日本復帰記念の日のつどい」をきっかけに奄美の復帰運動について学んだと述べ、会場の児童生徒らへ「歴史を風化させることなく継承しよう」と呼び掛けた。

 式典ではこのほか、名瀬小学校6年生による「断食悲願」の朗読(映像)や、市内の小中学校で行われている歴史継承の取り組みの紹介などがあった。

関連記事

荘内日報社

200人力合わせ飛島をきれいに

 本県唯一の離島・飛島の自然豊かな環境を守ることを目的とした清掃活動「飛島クリーンアップ作戦」が25日、島内の荒崎海岸一帯で行われ、酒田市内外から参加したボランティア有志や島民計約200人が散乱した漂着...

クマ用スプレー貸し出します 高額、飛行機持ち込み不可…不便多く 帯広

 大雪山系の豊かな自然と十勝に魅せられた東京都の会社員白岩慎隆(のりたか)さん(51)が、登山者向けにクマ撃退スプレーのレンタル事業を始める。スプレーの飛行機持ち込みに制限があることなど自身の感じ...

宇部日報社

住吉まつりに3万人 47団体が踊りや太鼓で盛り上げ【山陽小野田】

 第13回「復活!住吉まつり」は26日、山陽小野田市東住吉町の住吉神社をメイン会場に開かれた。青天の下、恒例のパレードやステージイベントに加えて周辺施設でも多彩なイベントが行われ、約3万人(...

長野日報社

危機感募る観光地 サル出没相次ぐ光前寺周辺 長野県駒ケ根市

 長野県駒ケ根市駒ケ根高原の光前寺周辺で、野生のニホンザルの出没が相次いでいる。10年ほど前から頻繁に現れるようになったが、「今年は特にひどい」(地元関係者)。人的被害こそ確認されていないものの...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク