全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

長野県「眺望カード」第2弾 諏訪地域から3地点紹介

県が作った眺望カード。諏訪地域からは(上から時計回りに)鎌倉街道ビューポイント、井戸尻遺跡、柏木農村広場が選ばれた

 長野県は、県内の景観が良い場所を地点ごと紹介する「眺望カード」の第2弾として20種類を作った。諏訪地域は、鎌倉街道ビューポイント(下諏訪町)、井戸尻遺跡(富士見町池袋)、柏木農村広場(原村柏木)の3地点。各町村の施設でカードを配布しており、県都市・まちづくり課は「信州の美しい景観に関心を高めてほしい」と話している。

 眺望の写真と特徴を載せた、名刺よりやや大きいサイズのカード。県は2021年6月に第1弾として20地点分のカードを作り、諏訪エリアからは立石公園(諏訪市上諏訪)と風除(よ)け公園(風除けの松)=茅野市湖東=の2地点が選ばれた。県内の地点によっては配布分がすぐ終了するなど好評だったことから第2弾を作った。

 今回の諏訪地域3地点はいずれも信州らしさを感じるとして県が認定する「信州ふるさとの見える(丘)」、地域の重要な景観を望める県の「眺望点」になっている。

 鎌倉街道ビューポイントは旧鎌倉街道沿いの高台に位置し、街並みや諏訪湖、山々のパノラマが広がる。井戸尻遺跡は縄文時代の住居が復元され、水田や山岳の景観を眺めながら悠久の歴史に思いをはせられる。柏木農村広場は八ケ岳山麓の自然と農地が調和した景色が楽しめる場所だ。

 配布は1人1枚。県都市・まちづくり課は「景観は担い手として守る人がいないと維持できない。カードを通じて興味を持ってもらい、景観を守る取り組みにつながればうれしい」としている。

 下諏訪町、富士見町、原村の眺望カード配布場所は次の通り(開場日や時間は場所によって異なる)。

 ▽下諏訪町=町役場建設水道課、下諏訪観光案内所、秋宮前観光案内所

 ▽富士見町=町役場建設課都市計画係、町観光案内所、井戸尻考古館

 ▽原村=村役場商工観光課商工観光係、村観光案内所、村図書館

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク