全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

地元バンクに初登場

地元レースに初参戦した高橋選手=豊橋競輪場で

 豊橋競輪のT―GUP(豊橋ガールズケイリン育成プロジェクト)3期生の高橋智香選手(20)=豊川市出身、桜丘高校卒=が3日、ホームバンクの同競輪場に初登場した。  「日刊スポーツ杯争奪戦」初日のこの日、7レースに出走した高橋選手は強敵・高木真備選手らに挑んだが、惜しくも5着だった。  レース直前には「ちかー、頑張れー」と声援が飛び交った豊橋競輪場。「今までで一番大きな声援でうれしかった」と話す一方で、結果には悔しさがにじんだ。  高橋選手は桜丘高3年生の時にT―GUPに参加し、日本競輪学校を今年3月に卒業した。7月の松戸競輪場(千葉県)でデビューし、今回は3戦目。  「とりあえず行くというのを大事に、車券に絡んでいきたい」と初の決勝進出を狙う。  師匠の島野浩司選手からは「自信を持って頑張ってこい」と背中を押された。地元の応援も力に「1回くらいは見せ場がつくれるようなレースをしたい」と意気込みを示した。