全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

大雨被害から復旧 JR五能線「リゾートしらかみ」全線運転再開

「リゾートしらかみ」の到着に合わせ、観光関係者が出迎えた(JR能代駅で)

 8月の大雨被害で本県での運転を取りやめていたJR五能線の観光列車「リゾートしらかみ」が24日、全線で運転を再開した。沿線の停車駅では自治体や観光関係者が手作りの横断幕を掲げるなどしてお出迎え。これからも観光で多くの人が訪れることを願いながら、乗客に記念品をプレゼントした。
 五能線は8月中旬までの大雨で、路盤流出や土砂流入、橋りょうの損壊といった被害を受け、岩館駅─鯵ケ沢駅(青森県)間で運転を見合わせた。復旧工事を進め、今月9日に岩館駅─深浦駅間、23日には残りの深浦駅─鯵ケ沢駅間がそれぞれ再開、全線が再びつながった。
 リゾートしらかみは五能線の被災を受け、全線(秋田駅─青森駅間)で運休したが、10月には鯵ケ沢駅─青森駅間で再開、1日1往復運行されていた。
 約4カ月ぶりに全線で運転再開したこの日、沿線各地の停車駅ではJR秋田支社や自治体、観光関係者らが列車を出迎えた。
 能代市元町の能代駅では、同駅や市観光振興課、能代観光協会、八峰町観光協会の職員ら10人余りがホームで、「おかえりリゾートしらかみ」と書かれた横断幕を掲げ、青森行きの1号(橅編成)をお出迎え。両協会の職員はホームや列車内にいる乗客に、能代七夕「天空の不夜城」をデザインしたマスク、ラベンダーの香り袋などの記念品を配り、能代山本地域の魅力をアピールした。
 能代観光協会の小林勝幸事務局長は「約4カ月ぶりにリゾートしらかみが再開してくれてうれしい限り。年末年始にかけて、列車に乗って多くの観光客が能代山本を訪れてくれたら」と願いを込めた。
 同支社では、来年2月末までSNS(インターネット交流サイト)と連携したキャンペーンを展開。公式ツイッターアカウント「AKITA RAIL TRIP」をフォローした上で、五能線沿線の風景や列車などの写真と一緒に「#五能線復活」を付けて投稿すると抽選で200人にオリジナルグッズが贈られる。

関連記事

北羽新報社

花嫁行列あでやか、見物客を魅了 能代市の日吉神社「嫁見まつり」

 能代市御指南町の日吉神社(平賀優子宮司)の伝統行事「嫁見まつり」は18日に行われた。県内外から参加した女性4人が色打ち掛けを羽織って新緑に包まれた参道を静々と歩き、見物客を魅了した。境内では飲食...

長野日報社

湖上花火にサイクリングロード JR上諏訪駅が夏の観光誘客ポスター 長野県

JR上諏訪駅(長野県諏訪市)は、首都圏の駅に掲示や表示する夏版の観光誘客用ポスターを2枚作った。1枚は全線開通した諏訪湖サイクリングロードの写真を載せ、もう一方は諏訪湖花火で特徴的な水上スター...

北羽新報社

「ツツジの名所」見頃迎える 能代市の能代公園・きみまち阪公園

 能代市の能代公園と、同市二ツ井町のきみまち阪県立自然公園でツツジの花が見頃を迎えている。ともに今月末まで「つつじまつり」期間に設定、色とりどりの花が園内を彩り、訪れる人たちの目を楽しませ...

「がまごおりじなる」潮干狩り

 蒲郡市シティセールス推進協議会は12日、三谷地区の水神海岸で市民対象のイベント「がまごおりじなる潮干狩り大会」を開催した。市制施行70周年記念事業の一環。  協議会は自分たちで蒲郡ならではの...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク