全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

図書室は一般開放、教室にも工夫 来春開校の 「早来学園」 安平

2018年9月に発生した胆振東部地震で校舎が被災した安平町早来中学校の再建として、今秋新たに整備された「早来学園」。来年の供用開始を前に、町内外の教育関係者や報道機関などに公開された。「教育のまち」をうたう町らしく、町民が子育てに夢を抱いたり学校を身近に感じたりするような造りとなっている。

カーペットを敷いたユニークな造りになっている英語の教室

 ■一般開放する図書室

 図書室、家庭科室(キッチン)、美術室(アトリエ)は一般にも開放する。

 中でも図書室は子どもたちと住民をつなぐ憩いの場になる。図書は早来地区の小、中学校4校や早来町民センター内にある約5万冊を集約。ゆったり読書ができる空間を暖炉の前などに整備し、幼児向けスペースも設けた。さらにWi―Fi(ワイファイ)機能、電源を完備。オフィスワークにも利用できるという。

 ■フレキシブルなアリーナ

 アリーナは二つあり、一つは壁をトドマツの縦格子で統一した。集会のほか、卓球や軽スポーツ、ダンスにも使用でき、ステージ部分は普段、子どもの音楽室(スタジオ)として使う。隣には防音環境が整った部屋を用意し、カラオケや楽器演奏の音にも対応する。

 もう一つはバスケットボールやバレーボールのコート2面を確保でき、2階部分はランニングコースとしても使用できる。

 ■前後のない教室

 小学年代の1~6年生の教室は、従来よりも広いスペースを確保した。前と後ろにスライド投射もできるホワイトボードを黒板に替わって設置。教卓にはキャスターを付け、教員が自由自在に動けるように工夫した。1年生の部屋に小上がりがあるのも特徴。

 中学生に当たる7~9年生はホームルームを控室として位置付け、教科ごとに教室を移動して学習する。このうち英語で使う教室は、大きな声で思い切って発音できるよう床に吸収性の高いカーペットを敷くなど趣向が凝らされている。

関連記事

紀伊民報社

南高梅の収穫始まる 不作とひょう害で厳しく

 梅産地のみなべ町や印南町で、主力品種「南高梅」の収穫が始まった。JA紀州によると、暖冬や不完全な花が多かった影響などにより例年にない不作の上、ひょうの被害も重なり、厳しい年となっている。  ...

荘内日報社

庄内町産豚肉使用のレトルトカレー販売開始 北月山荘フレンチ食堂 モン・ヴィ..

 庄内町の月の沢温泉・北月山荘のフレンチ食堂「モン・ヴィペール」で調理を担当するシェフ・富樫一仁さん(42)が、同町産豚肉を使ったレトルトパック「ポークカレー」の販売を今月から開始した。同施設限定販...

国旗検定合格・山下さんの夢応援 帯広の澤田さん国連切手プレゼント

 帯広市在住の元自衛官澤田孝廣さん(76)は、「国際知識検定国旗(国旗検定)」1級に合格した下音更小学校3年生の山下康(こう)さん(8)に、1000枚超の「国連切手(国旗シリーズ)」をプレゼントし...

宇部日報社

おーるうぇいずが自立援助ホーム「永紬」開設 市内初20歳未満の入所施設【..

 NPO法人おーるうぇいず(松本鉄己代表)が、自立援助ホーム「永紬(なつむ)」を宇部市内に開所した。義務教育を終えた15歳からの子どもたちが、社会で自立した生活を送れるように、家庭的な雰囲気の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク