全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

奄美トレイル2年ぶり開催 徳之島伊仙町 森を散策し魅力発見

森の中を散策する参加者=18日、鹿児島県伊仙町喜念

 2018年2月に開通した「世界自然遺産奄美トレイル」の鹿児島県伊仙町コースを歩くイベントが18日、同町の喜念集落一円であった。新型コロナウイルスの影響で2年ぶりの開催。約30人が参加してエコツアーガイドの案内で散策を楽しんだ。

 同トレイルは奄美ならではの自然や文化に触れ合うことを目的に選定された長距離の自然歩道。県が16年度から群島各島でコースを選定した。イベントはトレイルコースの浸透を図ろうと、町きゅらまち観光課が主催。今回のコースは、徳之島なくさみ館を発着点に町指定文化財の喜念権現や、喜念浜海浜公園などを巡る約7・5キロ。

 参加者らは交通量の多い県道を避けて主に農道を歩き約2時間かけて完歩。喜念権現は集落の森の中にあり、小川のそばにある鍾乳洞には石碑が祭られている。参加者はエコツアーガイドから鍾乳洞にまつわる逸話や、森にすむ動植物について説明を受けながら、古くから信仰の場として集落民に大切にされてきた森の散策を楽しんだ。

 参加した役場職員の實夏三さん(40)=同町犬田布=は「同じ伊仙町なのに訪れたことのなかった場所。こういった機会を利用して歩きながらじっくり見ないと気付かないポイントがまだまだ町内にはたくさんある。今後、町の魅力を伝え広める上で参考になった」と述べた。

関連記事

釧路新聞社

阿寒湖のマリモ 25年度以降保全対策を試行【釧路市】

 国の特別天然記念物「阿寒湖のマリモ」の保護と普及啓発、湖の環境保全や適正利用に取り組む官民団体「阿寒湖のマリモ保全推進委員会」(小林道之会長)は21日、釧路市の阿寒湖まりむ館で2024年度総会を...

釧路新聞社

タンチョウのひな2年ぶり誕生 動物園ですくすく【釧路市】

 釧路市動物園(鈴木貴博園長)は21日、タンチョウのひな1羽が生まれたと発表した。同園での繁殖は2022年以来2年ぶり。  父親のコウ(13年か14年生まれ)と母親のアミ(16年生まれ)が4月9...

長野日報社

長野県飯島町の「wave」が稲作の実証実験 ドローンで直播栽培

 長野県飯島町で農業用ドローンの販売から作業メンテナンスを手掛けるシステム開発の「wave」は、小型無人機ドローンを使った稲作の実証実験に取り組んでいる。同町岩間にある同社隣接の水田で、鉄コーティ...

紀伊民報社

印南で小玉スイカ収穫 甘くてシャリシャリ

 JA紀州(本所・和歌山県御坊市)管内で、夏の風物詩となっている小玉スイカが収穫されている。生産が盛んな印南町では7月末まで、農家が丹精込めて育てたスイカの収穫が続く。  小玉スイカは皮が薄く...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク