全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

「コスタ・ネオロマンチカ」寄港

酒田港に初めて寄港したコスタ・ネオロマンチカ。大勢の市民らが訪れ、記念撮影=2日午前9時半すぎ、古湊埠頭

 酒田市の酒田港に2日、同港で初の外国船籍の大型クルーズ船となる「コスタ・ネオロマンチカ」(イタリア船籍、5万7000総トン、乗客定員1800人、クルー622人)が入港し、地域を挙げた体制で乗客をもてなした。

 同船を所有するコスタクルーズ社の自社企画クルーズ「東北ねぶた祭りと日本海周遊・釜山」で、7月30日から8月6日まで7泊8日(一部は途中乗船も可)の日程で、博多(福岡県)から舞鶴(京都府)、金沢(石川県)、酒田、青森、釜山(韓国)、博多を巡るコースの4日目で入港した。

 船は午前9時半に酒田港古湊埠頭(ふとう)に入港。埠頭には酒田を象徴する大獅子や酒田青年会議所の山車「日吉丸」を設置したほか、市民約1000人(市市長公室発表)が手を振るなどして出迎えた。酒田吹奏楽団が同市出身のシャンソン歌手・岸洋子さんの「夜明けのうた」などを演奏。同10時ごろに入管手続きなどを終えた乗客らが埠頭に降り立つと、羽黒山伏がほら貝を鳴らすとともに、やまがた舞子が歓迎した。さらに羽黒高チアリーディング部の演技や浄徳幼稚園の「もしぇのん・あののん音頭」、西荒瀬保育園の太鼓演奏などでにぎわいを演出した。

 埠頭には酒や菓子、浜焼きなどの店、観光案内所を設置。埠頭と中町の間には10分間隔でシャトルバスを走らせ、乗客を街中に誘導した。その中町にも観光案内所やカフェ、甲冑(かっちゅう)・着物の着付け体験のコーナーなどを設け、スタンプラリーなどの企画で乗客に楽しんでもらった。同日午後7時半の出港時には、花火約300発で見送る予定。

 市の関係者は「乗客やクルーに酒田は良かったと喜んでもらい、次につなげていけたら」と期待を寄せた。

関連記事

長野日報社

蓼科湖で数十年ぶり花火大会復活 10月に大型イベント 長野県茅野市

長野県茅野市郊外の蓼科湖で10月15日、湖上花火大会が数十年ぶりに復活することが、20日に同市のマリオローヤル会館で開いたちの観光まちづくり推進機構(DMO)第5回定時社員総会で明らかになった...

オビヒロホコテン3年ぶり活気 バトン、はしごで幕開け

 コロナ禍の影響で3年ぶりの開催となった帯広まちなか歩行者天国(オビヒロホコテン、実行委主催)は19日、帯広市内の平原通(西2条通)や広小路を舞台に開幕した。正午現在、帯広の気温は24.1度ま...

長野日報社

富士見高原リゾート シャクヤクが見頃 長野県

 長野県富士見町境の富士見高原リゾートで、花の里「白樺エリア」に植わるシャクヤクが見頃を迎えている。淡いピンクや白、赤色などの大輪が緑の中で映え、訪れた人たちが鮮やかな花色と甘い香りを楽しんで...

長野日報社

農村歌舞伎の舞台を宿に 長野県岡谷市の建物改修、一棟貸し

 古材や古道具のリサイクルショップ「リビルディングセンタージャパン(リビセン)」(長野県諏訪市小和田)が、農村歌舞伎の舞台として江戸時代に造られた岡谷市湊の建物を改修し、一棟貸しの簡易宿泊施設と...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク