全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

”野球が好き”忘れないで 出身地の長野県宮田村で水上投手トークショー

学生時代や今シーズンの成績を振り返りながら、自身の野球観などについて語る水上投手

 長野県宮田村出身でプロ野球埼玉西武ライオンズの水上由伸投手のトークショー(上伊那地区野球協会主催)が17日、同村民会館で開かれた。パ・リーグ新人王および最優秀中継ぎ賞受賞以来、初のイベント。会場を埋めた野球に携わる小中高生らに向け水上投手は「野球が好きという気持ちを、いつまでも忘れないで」と呼び掛けた。

 上伊那地区野球協会が12月4日に設立したのに伴い、地元の野球少年らに夢を持ってもらおうと開催。収容人員約300人の会場は、招待された上伊那地方の少年野球や中学、高校の野球部生徒らで埋め尽くされた。

 トークショーは民放アナウンサーを進行役に展開。後半からは水上投手が所属した少年野球、中学・高校の野球部顧問らも加わり「水上談義」を繰り広げた。

 水上投手は、新人王受賞について「取る自信は春のキャンプ時からあった」と会場を驚かせ「50試合投げれば取れると考えていた」と早くから受賞を狙っていたことを披露。マウンドに上がる前の投球は「肩は消耗品なのでなるべく短く6~7球」としたほか、「打たれて悩む暇があったら、自分には伸びしろがある―と思うようにして練習に専念」など、日ごろからの心構えなども明らかにした。

 また、小学生時代に所属した少年野球チーム西駒ウイングスの大澤重男監督は「4年生で入部してきたが、体はしっかりできていた」「チームも由伸君のいた時代は優勝していた」などと回想。宮田中学校時代の顧問、酒井修一さんは「マウンドで困っている顔を見たことがない」、帝京第三高校野球部の赤尾憲司部長も「体は決して大きくはなかったが、負けん気は強かった」と振り返った。

 宮田中学校野球部の主将(13)は「相手に左右されず自分に集中している点が勉強になった。自分もこれからの野球で生かしたい」と話していた。

 水上投手は最後に来季の目標を問われると、「個人としては今年はいいシーズンを送れたと思うが、チームが3位に終わり、そこが一番悔しかった。来シーズンはもう一度勝ちパターンの座を勝ち取り、優勝目指して頑張りたい」と力強く語った。

関連記事

長野日報社

「高遠城址公園さくら祭り」伊那市が対策会議 運営方針など確認 長野県 

長野県伊那市は26日、観桜イベント「高遠城址公園さくら祭り」の対策会議を同市高遠町総合福祉センター・やますそで開いた。祭りに携わる関係者ら約50人が出席し、運営方針や交通、防犯対策などを確認。...

食べて実感 小麦の魅力 パンや菓子16店出店 とかちフェスタ

 十勝産小麦の普及・消費拡大を目的とした「十勝穂ドリームネット とかち小麦フェスタ」が25日、帯広市内のとかちプラザで開かれた。会場内での飲食も4年ぶりに復活。菓子店やパン店など小麦を扱う飲食...

紀伊民報社

梅咲く山道を駆ける みなべで「梅の里トレイルラン」

 和歌山県みなべ町の高城、清川地域で18日、山道を走るトレイルランニングの大会「梅の里トレイルラン2024」(実行委員会主催、紀伊民報など後援)が開かれた。ミドル(27キロ)と5年ぶりに復活した...

長野日報社

ソリ人間、霧ケ峰滑走 初のコンテスト 長野県諏訪市郊外

 長野県諏訪市郊外の霧ケ峰スキー場で17日、自作のそりと仮装で競い合う「霧ケ峰ソリ人間コンテスト」が開かれた。市民有志でつくる「霧ケ峰Act」が霧ケ峰の活性化を狙いに初めて催し、親子を中心に県内...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク