全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

中小企業の持続化へ調査 同志社大のマネジメント研【宇部】

市内100社予定、経営支援に

 同志社大の中小企業マネジメント研究センター(センター長・関智宏商学部教授)は16日、宇部市、宇部商工会議所(杉下秀幸会頭)、くすのき商工会(岡田正平会長)の3者と、中小企業支援に関する協定を結んだ。サテライト研究拠点を中央町2丁目のコワーキングスペース「エンビズ」内に置き、市内の中小企業の持続可能な経営に向けた調査・研究を行う。

 同センターは2018年に設置。「中小企業の持続可能な経営」をテーマに、経営に関する研究に取り組んでおり、宇部市出身の関センター長以下、約50人の研究者が在籍している。

 サテライト拠点では、宇部地域における創業100年以上の老舗企業、事業を成長させている企業など魅力ある中小企業を対象に調査を行い、起業志向や事業発展のメカニズムの解明を目指す。3年かけて100社の調査を予定している。

 協定調印式は市役所であり、関センター長、篠﨑圭二市長、杉下会頭、岡田会長の4人がそれぞれサインし、協定書を交わした。関センター長は「地域に特化した研究をするには地元の宇部でと考えていた。バブル崩壊で銀天街がシャッター通りになった姿を見たような経験は二度としたくないし、宇部の企業の魅力を全国に知ってもらう機会にしたい」と意気込みを語った。

 調印式後には、エンビズの運営会社G&Cコンサルティング(藤村雄志社長)が主催する開所記念シンポジウムがANAクラウンプラザホテル宇部で開かれ、関センター長が開設の目的などを語った。

関連記事

紀伊民報社

50年間で1度上昇 紀伊水道の海水温 和歌山県水産試験場解析

 和歌山県水産試験場(和歌山県串本町)は、紀伊水道(瀬戸内海東部海域)の観測データを解析して、海水温が50年間で1度の上昇傾向にあることを明らかにした。また、透明度も上昇傾向にあることが分かった...

駅舎一面の切符見納め 帯広・幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が...

荘内日報社

天神祭始まる 「化けもの」5年ぶりに酒振る舞う

 学問の神様・菅原道真公を祭る鶴岡天満宮の祭礼・天神祭が24日、同天満宮での大絵馬奉納で始まった。コロナ禍で中止していた化けものによる祭り客への地酒やジュースの振る舞いが5年ぶりに復活。いつもながらの...

宇部日報社

トビタテ!宇部高専生 3年生5人が文科省の留学支援制度に採択【宇部】

 宇部高専(金寺登校長)の3年生5人が、文部科学省の留学生支援制度「トビタテ!留学JAPAN」新・日本代表プログラム高校生コースの第9期に選ばれた。今年度の応募総数1566人のうち採択者数は...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク