全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

クロウサギ大幅増と算出 絶滅危険度引き下げ視野に 環境省、推定値見直し 奄美大島・徳之島

アマミノクロウサギなどの生息状況について報告があった検討会=16日、鹿児島県奄美市名瀬

 環境省は16日、鹿児島県の奄美大島と徳之島に生息しているアマミノクロウサギが長期的に回復しており、生息数は2021年度時点で奄美大島約1万~3万4400匹、徳之島約1500~4700匹と推定されると公表した。03年度時点で奄美大島2000~4800匹、徳之島100~200匹としていた推定を大幅に見直した。同省はレッドリストのランクを現在の絶滅危惧ⅠB類からⅡ類以下に引き下げる目標を掲げており、生息数、分布域の増大によって「条件を満たしている」と評価した。

 同省は2000年度から種の保存法に基づいて、国内希少種に指定されたクロウサギとアマミヤマシギ、オオトラツグミの3種の保護増殖事業を進めている。レッドリストのランク引き下げなどを目標に掲げた23年度まで10カ年の実施計画を策定し、保護対策に取り組んでいる。

 同日に奄美市名瀬で開かれた奄美希少野生生物保護増殖検討会(座長・石井信夫東京女子大学名誉教授、委員6人)の会合で3種の生息状況について報告があった。

 環境省によると、クロウサギの生息数は、06年度に始まったふんを数える調査や自動撮影カメラの画像など、これまでのデータと合わせて、20、21年度の動画データを分析し、奄美大島1万24~3万4427匹、徳之島1525~4735匹と算出した。

 生息数の増加は、森林の回復に加えて、クロウサギを襲うマングースの駆除や野生化した猫(ノネコ)の捕獲など、保護対策が進んだためとみられる。

 アマミヤマシギは21年度時点で奄美大島7520~2万6247匹、徳之島407~3840匹、加計呂麻島309~1083匹、オオトラツグミは17年時点で奄美大島2000~5000匹と推定。ともに大きく増加しているとして、レッドリストでそれぞれ絶滅危惧Ⅱ類からランク外とする目標を「達成している」と評価した。

 同省奄美群島国立公園管理事務所の阿部愼太郎所長は「生息状況が改善していることは明らか。回復は目を見張るものがある」と手応えを示す。クロウサギの増加に伴い、ロードキル(交通事故死)やタンカン樹皮などの農業被害も増えており、「人の生活と野生生物の生息エリアをうまく区切れるといい」と住民に理解と協力を求めた。

関連記事

紀伊民報社

南高梅の収穫始まる 不作とひょう害で厳しく

 梅産地のみなべ町や印南町で、主力品種「南高梅」の収穫が始まった。JA紀州によると、暖冬や不完全な花が多かった影響などにより例年にない不作の上、ひょうの被害も重なり、厳しい年となっている。  ...

荘内日報社

庄内町産豚肉使用のレトルトカレー販売開始 北月山荘フレンチ食堂 モン・ヴィ..

 庄内町の月の沢温泉・北月山荘のフレンチ食堂「モン・ヴィペール」で調理を担当するシェフ・富樫一仁さん(42)が、同町産豚肉を使ったレトルトパック「ポークカレー」の販売を今月から開始した。同施設限定販...

国旗検定合格・山下さんの夢応援 帯広の澤田さん国連切手プレゼント

 帯広市在住の元自衛官澤田孝廣さん(76)は、「国際知識検定国旗(国旗検定)」1級に合格した下音更小学校3年生の山下康(こう)さん(8)に、1000枚超の「国連切手(国旗シリーズ)」をプレゼントし...

宇部日報社

おーるうぇいずが自立援助ホーム「永紬」開設 市内初20歳未満の入所施設【..

 NPO法人おーるうぇいず(松本鉄己代表)が、自立援助ホーム「永紬(なつむ)」を宇部市内に開所した。義務教育を終えた15歳からの子どもたちが、社会で自立した生活を送れるように、家庭的な雰囲気の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク