全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

生息調査活動の集大成 「昭和・平成・令和 赤川写真集」を出版

 県内全域の河川で淡水魚の生息調査をしているNPO法人「鶴岡淡水魚 夢童(ゆめわらべ)の会」の岡部夏雄代表理事(80)=鶴岡市砂田町=が、環境省のレッドリストに載っている赤川の希少な魚などを紹介した「昭和・平成・令和 赤川写真集」を出版した。

 岡部さんは赤川漁業協同組合員としてサクラマスやアユ、カジカなどを捕ってきた。1992年から県の魚に制定されたサクラマスの捕獲調査を行い、94年には藤島地域で水路工事に伴うヤリタナゴの保護活動に参加した。

 写真集はA4判107ページ。赤川河口から大鳥川、梵字川との合流付近まで約32キロをたどる風景写真や「ウケクチウグイ」「ホトケドジョウ」「スミウキゴリ」といった、今では希少となった魚も紹介している。このほか内川、大山川、青龍寺川などに住む魚もまとめた。

 中でも注目されるのがニホンウナギ。透き通った体でシラスウナギともいわれ昼は石垣や穴の中に潜み夜になると動き出す生態についても解説している。現在赤川では15年以上目撃されていない。

 岡部さんは「子どものころからずっと慣れ親しんだ赤川に恩返しをするような気持ちで、活動の集大成となる写真集を出版した。これまで私と関わった人全員に見てほしい。赤川に興味のある人はもちろん、たくさんの人に手に取ってもらえればうれしい」と話していた。

赤川写真集の表紙

 「赤川写真集」は鶴岡市城南町のぶっくすプロほんの森で販売している。300冊限定で、価格は1冊1100円(税込み)。

県の魚・サクラマスの一生を紹介しているページ

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク