全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

空手の授業導入 礼儀作法もしっかり 鵡川中 地域住民が講師 むかわ

 むかわ町の鵡川中学校(阿部隆之校長)は、体育の武道の授業で空手を取り入れている。胆振教育局によると、管内の中学校で授業に空手を導入しているのは6月末時点で同校を含む2校。空手を専門にする教員が少ないなどの理由から全道的にも極めて珍しいという。同校では12日までに計8時間行い、外部講師として地域の住民が武道の礼儀作法なども含めて生徒を指導した。

全員で息を合わせて形を披露する鵡川中の生徒

 関係者によると、中学校体育の武道は柔道を経験している教員が多いことから柔道を採用する学校が一般的。しかし、同校は専用の道場や畳がないことから、体育館のフロアの上でもできる武道を模索。6年前から空手を採用し、町教育委員会を介して外部に講師を依頼している。

 今年度は1、2年生を対象に11月下旬から今月12日までの計8時間、空手の授業を実施。町職員で少年団を指導する山本徹さん(62)、阿部俊介さん(40)が毎週月曜日の午前中、同校に足を運び、団体で技を披露する形を手ほどきした。

 生徒にも好評で、2年の三上期央さん(13)は「体の使い方が難しいが、みんなで協力しながら形をやるのはいいことだし、護身術にもなるのでは」と前向きにとらえる。同じく2年の斉藤友乃さん(14)も「チームのみんなで協力することの大切さを学んだ」と話す。

 体育科の三上勇人教諭(28)は「赴任時は空手の知識がなく、生徒と授業を見ながら一緒に覚えてきたところ。外部講師がいることで手厚く指導できるし、(柔道のように)男女の区分けで苦労することなくできるので負担軽減にもつながる」と分析。生徒指導の面でも効果があると言い、「空手の後になると、あいさつがよくなったりもします」と目を細める。

 山本さんは「空手は危険と思われがちだが、形はけがのリスクが少なく、感染症対策としてマスクを外さずにできる」と説明。「継続することで先生たちも流れが分かってくると思うし、生徒にも団体の形を通して協調性なども学んでもらい、空手の普及にもつながれば」と今後に期待を寄せている。

関連記事

紀伊民報社

50年間で1度上昇 紀伊水道の海水温 和歌山県水産試験場解析

 和歌山県水産試験場(和歌山県串本町)は、紀伊水道(瀬戸内海東部海域)の観測データを解析して、海水温が50年間で1度の上昇傾向にあることを明らかにした。また、透明度も上昇傾向にあることが分かった...

駅舎一面の切符見納め 帯広・幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が...

荘内日報社

天神祭始まる 「化けもの」5年ぶりに酒振る舞う

 学問の神様・菅原道真公を祭る鶴岡天満宮の祭礼・天神祭が24日、同天満宮での大絵馬奉納で始まった。コロナ禍で中止していた化けものによる祭り客への地酒やジュースの振る舞いが5年ぶりに復活。いつもながらの...

宇部日報社

トビタテ!宇部高専生 3年生5人が文科省の留学支援制度に採択【宇部】

 宇部高専(金寺登校長)の3年生5人が、文部科学省の留学生支援制度「トビタテ!留学JAPAN」新・日本代表プログラム高校生コースの第9期に選ばれた。今年度の応募総数1566人のうち採択者数は...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク